月の錯視―なぜ大きく見えるのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

月の錯視―なぜ大きく見えるのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月14日 09時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 286,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326250998
  • NDC分類 145.5
  • Cコード C3011

内容説明

月の錯視をめぐるミステリー。なぜ月は、空高くあるときよりも、地平線上にあるときに大きく見えるのか。その謎に迫る。

目次

天体錯視
月と太陽の実際の大きさ
知覚された大きさ
月の錯視の測定
大気の屈折
空気遠近
観察者の目の中で
天の丸天井
近くにありながら遠い
月を拡大する
注視角
平衡の問題
結論と謎

著者紹介

ロス,ヘレン[ロス,ヘレン] [Ross,Helen E.]
スターリング大学心理学部名誉准教授(Honorary Reader)

プラグ,コーネリス[プラグ,コーネリス] [Plug,Cornelis]
南アフリカ大学心理学部名誉教授(Emeritus Professor)

東山篤規[ヒガシヤマアツキ]
1951年生まれ。文学博士(大阪市立大学、1983年)。立命館大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)