心理学データ分析と測定―データの見方と心の測り方

個数:
  • ポイントキャンペーン

心理学データ分析と測定―データの見方と心の測り方

  • 岡本 安晴【著】
  • 価格 ¥3,024(本体¥2,800)
  • 勁草書房(2014/07発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 56pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月21日 21時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 242p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784326250974
  • NDC分類 140.7
  • Cコード C3011

内容説明

目に見えない心をどのようにして科学的に扱えばよいのか。心理学研究法の基礎を学ぶ。モデルとデータに基づいて心を理解する上での重要なポイントや、感覚や印象といった心理学的概念の測定方法を解説。

目次

第1部 関係を見る(2つの変数の間の関係を見る:単回帰分析;複数の変数の間の関係を見る:重回帰分析;偏回帰係数を比べる:コントラスト;比率(確率)の条件差を見る:ロジスティック回帰分析
情報の骨子を見る:主成分分析 ほか)
第2部 心を測る(心理学的特性を測る:心理尺度;現代テスト理論:項目反応理論と一般化可能性理論;感覚の強さを測る:マグニチュード推定法;感覚の違いを測る:弁別と検出;感覚と判断:信号検出理論 ほか)

著者等紹介

岡本安晴[オカモトヤスハル]
1949年大阪府生まれ。1977年京都大学大学院文学研究科博士課程(心理学)満期退学。現在、日本女子大学人間社会学部教授、文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。