言語と教育をめぐる思想史

個数:

言語と教育をめぐる思想史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 341,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326250820
  • NDC分類 807
  • Cコード C3037

内容説明

ヨーロッパにおける、言語と教育にかかわる思想的営為の歴史。人が言語を使用するという事象と、人が人を教えるという事象との間の本質的、内在的な関係をとらえる。

目次

序論 言語と教育の限界をめぐる思想史序説
第1章 コメニウスにおける読書論の諸様相―中世/ルネサンス/近代
第2章 コンディヤック―観念・思考・記号
第3章 フイエの「観念力」と教育―国民形成と古典語
第4章 ユダヤ思想と“隔たりと分有”の言語的経験―マルティン・ブーバーにおける翻訳・伝承・対話をめぐる思考
第5章 シュタイナーにおける言語の芸術性と世界の認識―身体と言語の新たな布置をめぐって
第6章 言語論的転回と言語の教育をめぐる思想―ソシュール言語学の日本への導入と「読む」ことの教育をめぐって

著者等紹介

森田伸子[モリタノブコ]
1945年生、東京大学大学院教育学研究科博士後期課程満期退学。現在、日本女子大学人間社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。