日本の学校受容―教育制度の社会史

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本の学校受容―教育制度の社会史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月13日 18時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 374,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326250769
  • NDC分類 372.1
  • Cコード C3037

内容説明

日本の社会が学校を受け入れ、“制度としての学校”が定着したのはいつからなのか。「教える」という教育の営みの変容に着目し、学校の存立基盤を再検討するとともに、1930年代のアカデミズムの学校言説の動向を分析する。

目次

教育制度の社会史研究にむけて
第1部 学校システムの起動―一九三〇年代の位置(学校受容の諸相―学校接続問題との関連で;就学行動の展開―一九三〇年代の位置;青年訓練所から青年学校へ―初等後教育機関の新展開)
第2部 ペダゴジーの新展開―教育実践の諸相(教科における「読み」の問題―全国小学校訓導協議会における国語教育の再構築;教科数学の構築過程―日本中等教育数学会を舞台に;青年訓練の成立―青年訓練所の教育実践理論;教練という人間形成―軍隊教育の転生と転換)
第3部 ペダゴジーの反省―教育学の動向(学校教育学の隆盛とペダゴジー―講壇教育学の展開を踏まえて)
学校化社会の起動

著者紹介

木村元[キムラハジメ]
1958年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。現在、一橋大学大学院社会学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)