「教育」としての職業指導の成立―戦前日本の学校と移行問題

個数:

「教育」としての職業指導の成立―戦前日本の学校と移行問題

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 233,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326250684
  • NDC分類 372.1
  • Cコード C3037

内容説明

学校による職業への移行の関与を「教育的営為」ととらえる認識枠組みは、いかに形成・構築されていったのか。史料を読み解き詳細に分析する。

目次

序章 なぜ「学校から職業への移行」が問題となるのか
第1章 学校教育に対する職業指導の導入―一九二七年一一月文部省訓令第二〇号の発令まで
第2章 職業指導のアポリアと方法論の分岐
第3章 職業指導における「職業精神」
第4章 選職・就職先決定プロセスにおける「教育的まなざし」
第5章 学校での職業指導を支えたもの―「愛」というマジックワード
第6章 戦時期における職業指導の変容と連続性
終章 学校と職業との関係性を改めて問い直す

著者紹介

石岡学[イシオカマナブ]
1977年福島県生まれ。2008年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間・環境学)(京都大学、2010年)。現在、日本学術振興会特別研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)