ニューカマーの子どもたち―学校と家族の間(はざま)の日常世界

個数:

ニューカマーの子どもたち―学校と家族の間(はざま)の日常世界

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 367p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326250554
  • NDC分類 372.1
  • Cコード C3037

内容説明

エスノグラフィーによる臨床的アプローチの地平を拓く意欲的実践。フィールドワークにおける研究者の立ち位置を模索しつつ「はざま」に生きる子どもたちの日常を読み解く。

目次

ニューカマーの子どもたちの日常世界を読み解くために
第1部 エスノグラフィー(学校と家族;学校と家族の間の日常世界;地域)
第2部 臨床的アプローチ(教育社会学による「臨床」の可能性;外国人生徒のための授業―学校文化変革の試み;学力調査による課題設定―再帰的学校文化の醸成;ニューカマーの子どもたちによる自治的運営組織の可能性)
ニューカマーの子どもたちの日常世界への接近

著者等紹介

清水睦美[シミズムツミ]
1963年長野県に生まれる。1986年上越教育大学学校教育学部卒業。長野県内の公立小中学校での勤務を経て、早稲田大学社会科学部へ学士入学。2005年東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。東京理科大学理工学部教養科助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

様々な<はざま>で揺れ動くニューカマーの子どもたちの日常を、綿密なフィールドワークによって描き出し、意味世界を構成するコンテキストとその生成を解明する。

子どもたちはいかに学校や地域で「周辺に位置づく」ことになっているのか。ボランティア兼研究者として学校・地域に密着し、多様な活動の展開の中に、そこに至るまでの経過と結びあわせ、未来を想定しながら「現在の<いま─ここ>」を読み解く。エスノグラフィックな手法をべースとした「臨床的アプローチ」の地平を拓く意欲的実践。

[関連書] 児島明 『ニューカマーの子どもと学校文化』(勁草書房刊)


序章 ニューカマーの子どもたちの日常世界を読み解くために
 1 受け入れる側の日本の学校の状況
 2 ニューカマーの子どもたちに関わる研究の状況
 3 研究対象の概要

第Ⅰ部 エスノグラフィー

第1章 学校と家族
 1 教師のまなざしとの関係
 2 日本人の子どもたちとの関係
 3 家族との関係

第2章 学校と家族の間の日常世界
 1 ニューカマーの子どもたちをめぐる多様なコンテキスト
 2 「手厚い支援」とは
 3 ニューカマーの子どもたち自身によるコンテキストの生成

第3章 地域
 1 地域におけるボランティア教室
 2 地域におけるニーズ発見の試み
 3 ニューカマーの子どもたちによる日常的支援の組織化
 4 蓄えられた資源
 5 第Ⅰ部を締めくくるにあたって

第Ⅱ部 臨床的アプローチ

第4章 教育社会学による「臨床」の可能性
 1 エスノグラフィーにおける「研究者」と「現場」の関係
 2 「研究成果のオーディエンス」としての現場
 3 研究成果の「再埋め込み」
 4 研究者コミュニティで蓄積された研究成果を背景として
 5 「研究者」と「現場」のストラグル

第5章 外国人生徒のための授業──学校文化の変革の試み
 1 学校の支配的なコンテキストからの転換
 2 外国人生徒のためのカリキュラム編成

第6章 学力調査による課題設定──再帰的学校文化の醸成
 1 新たな課題の立ち上げ過程
 2 教師の認識枠組の変化
 3 新たな課題・学力補充学習の意味構成
 4 課題の連鎖
 5 再帰的学校文化の醸成

第7章 ニューカマーの子どもたちによる自治的運営組織の可能性
 1 ボランティア教室からの独立
 2 自治的運営組織の活動
 3 帰属によるニーズの創出
 4 自治的運営組織の機能

終章 ニューカマーの子どもたちの日常世界への接近
 1 エスノグラフィーによる知見の要約
 2 臨床的アプローチの成果
 3 どこに可能性は拓かれていくのか

参考・引用文献
資料
あとがき
人名索引
事項索引