ジャン・ニコ講義セレクション<br> 合理性を圧倒する感情

個数:

ジャン・ニコ講義セレクション
合理性を圧倒する感情

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年07月22日 05時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 289,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326199600
  • NDC分類 141.6
  • Cコード C3310

出版社内容情報

恥、罪悪感、妬みのように、唐突に湧き上がって理性を邪魔するように思われる「感情」。薬物、煙草、アルコールなどへの依存性が高まり、自己コントロールを失わせる「嗜癖」。行動の合理的選択を阻むこうした状態はなぜ起こり、どのように働くのか。生物生理学を社会文化的アプローチや合理的選択モデルと接続して捉えた画期的知見。

[関連書]ジョージ・エインズリー 『誘惑される意志』 (NTT出版)

序と謝辞

第一章 はじめに

第二章 感 情
  1 感情についての知識をどうやって得るのか
  2 感情の種類
  3 感情とはなにか(1)――現象学的分析
  4 感情とはなにか(2)――因果的分析

第三章 嗜 癖
  1 嗜癖についての知識をどうやって得るのか
  2 嗜癖の種類
  3 嗜癖とはなにか(1)――現象学的分析
  4 嗜癖とはなにか(2)――因果的分析

第四章 文化、感情、嗜癖
  1 文化の概念
  2 文化と感情
  3 文化と嗜癖

第五章 選択、感情、嗜癖
  1 選択の概念
  2 選択と感情
  3 選択と嗜癖

第六章 結 論


訳者解説
文 献
索 引

内容説明

生理的な起源を持ちながらも、認識や文化と緊密にリンクして私たちの合理的行動を阻害する「感情」と「嗜癖」。人間に特有のこのメカニズムを解明する。

目次

第1章 はじめに
第2章 感情
第3章 嗜癖
第4章 文化、感情、嗜癖
第5章 選択、感情、嗜癖
第6章 結論

著者等紹介

エルスター,ヤン[エルスター,ヤン][Elster,Jon]
1940年、ノルウェーのオスロに生まれる。1972年、パリ第5大学にて博士号を取得。コロンビア大学社会科学Robert K.Merton Professorを経て、現在、コレージュ・ド・フランスの合理性と社会科学講座教授

染谷昌義[ソメヤマサヨシ]
1970年、埼玉県生まれ。2003年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。高千穂大学人間科学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。