いま言葉で息をするために―ウイルス時代の人文知

個数:

いま言葉で息をするために―ウイルス時代の人文知

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 01時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 306p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326154807
  • NDC分類 002.04
  • Cコード C3010

出版社内容情報

哲学・文学・歴史・人類学・宗教の観点からコロナ禍をどう考えられるのか。人文学者たちによるコロナ時代の証言と提言。

執筆者:カトリーヌ・マラブー/ジャン=リュック・ナンシー/キャサリン・ヘイルズ/アレクサンダー=ガルシア・デュットマン/エマヌエーレ・コッチャ/ペーター・サンディ/ミシェル・ドゥギー/オーレリー・パリュ/トマス・シュタングル/ブルース・キャンベル/ジャン=ルイ・シュレーゲル/フレデリック・ケック。訳者解題付。

内容説明

哲学・文学・歴史・人類学・宗教の観点から、コロナ禍はどう考えられるのか。人文学者たちによるコロナ時代の証言と提言。

目次

思想(隔離から隔離へ―ルソー、ロビンソン・クルーソー、「私」;別の精神性 ほか)
文学(コロナ時評;カミュの『ペスト』、断乎として現代的な作品―ポストモダンの時代にこそ現代性の全容が現れるという逆説 ほか)
歴史(疫病と歴史の「大遷移」―ブルース・キャンベルとの対話;黒死病とコロナ以後の歴史学の未来)
宗教(コロナウイルス時代の宗教)
人類学(アジアの虎たちと中国の龍―パンデミックに対する前哨地間の競合と協働(SARSからCOVID‐19へ))

著者等紹介

西山雄二[ニシヤマユウジ]
1971年生。東京都立大学教授。専門は現代フランス思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。