ロンドン論集とさいごの手紙 (改装版)

個数:

ロンドン論集とさいごの手紙 (改装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月21日 20時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 354p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326154043
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C3010

出版社内容情報

ロンドン経由で占領下フランスヘの潜入というヴェイユの希望を却下した後、自由フランスが彼女に与えた仕事は、祖国から送られてくる政治文書の分析と批判だった。その成果として遺された論文は彼女の哲学・宗教思想を土台とした政治についての考察であり、ヴェイユ思想の集成といえる。晩年の状況を物語る近親者へ宛てた愛溢れる手紙も収録。

[関連書]同著者『労働と人生についての省察』(勁草書房刊)
 『根をもつこと』(春秋社)

内容説明

デモクラシー・権利・人格概念の欺瞞を撃ち、集団、権力への隷属から脱出せよ。善の地上的形態としての真・美・正義を可能ならしめるもの、それは愛の狂気。命を削って書き遺した政治についての哲学・宗教的考察と近親者に宛てた愛溢れる手紙。

目次

人格と聖なるもの
われわれは正義のためにたたかっているか
臨時政府の正当性
人間にたいする義務宣言のための試論
新憲法草案に関する考察
新憲法のためのいくつかの重要概念
この戦争は宗教戦争である
反乱についての省察
政党全廃に関する覚え書
断章と覚え書
モーリス・シューマンへの手紙
兄への手紙
父母への手紙

著者等紹介

田辺保[タナベタモツ]
1930(昭和5)年生れ、1953年大阪外語大卒、1959年京大仏文大学院卒。フランス文学・哲学専攻、岡山大学・大阪市立大学名誉教授。2008年逝去

杉山毅[スギヤマツヨシ]
1931(昭和6)年生れ、1954年大阪外語大卒、1957年京大仏文大学院修士課程修了。フランス文学専攻、広島大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。