「私」の存在の比類なさ

「私」の存在の比類なさ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326153312
  • NDC分類 114
  • Cコード C3010

出版社内容情報

私と他者の関係をめぐる一連の問題群に新鮮な視点から粘り強い思索を続ける著者の論文集。今回は,山田友幸,大庭健らとの論争文を収め,議論の輪郭をはっきり示している。

内容説明

「私」について語ろうとする努力だけが、他者の存在を自ずと開示する。独在性をめぐるダイナミズムを活写。

目次

他者
独在性と他者―独我論の本質
ウィトゲンシュタインの独我論
独我論と他者―あるいは宇宙の選択の問題
独在性の意味(山田友幸氏の批判に答え、入不二基義氏の所論を批評する;大庭健氏の批判に答え、入不二基義氏の所論を更に検討する)
書評(大森荘蔵著『時間と自我』;野矢茂樹著『心と他者』;B・マクギネス『ウィトゲンシュタイン評伝』レイ・モンク『ウィトゲンシュタイン1・2』)
差異と実質―ヴィトゲンシュタイン・ソシュール・フッサール

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

テツ

4
永井先生の説く『私』という存在の在り方。大昔から幾多ものとても賢い人々が追い求めてきた『私』という存在。その在り方。僕なんかがそれについて理解できる筈はないのだけれど、どうしても「なぜこの僕は今こうして存在しているのか」という子供の頃に浮かんだぼんやりとした疑問はいつまでも僕の内部に鎮座している。この宇宙が誕生してから百数十億年。そんな長い時間の中で、今この瞬間しか存在しない自分という存在について考えれば考えるほど、その周囲を取り巻く不思議さに飲み込まれていく。2015/08/08

淺野 昌規

1
二回目です。2015/02/11

うなじ

0
実質が公共性を犯すことはない。たとえばぼくが「おっぱい」と語る時、それがお椀型のおっぱいやロケット型のおっぱいやたわわな巨乳や侘び寂びの効いた貧乳、そのいずれかを内容、つまり実質として意志し発話したとしても、それは「おっぱい」という言葉の公共性を犯したりはしないのである。概ねこんな感じでした。感想。2015/11/24

伊勢田和良

0
永井均「<私>の存在の比類なさ」を読みました。 「存在・自己・他者」に関する考察と、永井論文に対する批判への反論です。 ヴィトゲンシュタイン、デカルトの独我論に触れつつ永井流の<私>的独我論を展開します。 今までの永井哲学の再確認のような感じです。 後半は永井論文に対する反論ですが、もとの論文を読んでないので(読む気もしませんが・・・)、チンプンカンプンです。 この後半部分が読めるのは、存在論をかなり勉強し、永井哲学を理解している人たちのみでしょう。 マニアックな世界の読み物で、一般向きでありません。 い2015/09/27

何かの病気

0
入不二さんや大庭さん、大森さんとの論文と合わせて読むべきであった。永井さんの喚起する「独我論」の論点のすり替えという問題はなかなか頻出するものであり、以後この手の文章を読む際も気をつけねばならないな…2013/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/558776

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。