信仰と想像力の哲学―ジョン・デューイとアメリカ哲学の系譜

個数:

信仰と想像力の哲学―ジョン・デューイとアメリカ哲学の系譜

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月23日 12時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 377p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326102921
  • NDC分類 133.9
  • Cコード C3010

出版社内容情報

アメリカを考えることは、「私たち」を考えることだ。デューイという「集合知」を通して、アメリカ知識人たちの社会批評をたどる。

「過去を取り消せないが、未来には働きかけられる」。他者と状況から学びつつ思考したデューイは、保守的かつリベラルな未来志向の哲学を構想した。プラグマティストは近代化にどう応答したのか。大衆社会論、心理学、神学、ロマン主義、自然主義、パース、ジェイムズ、ローティなどとの線を結び、アメリカ哲学の新しい星座を描く。

内容説明

アメリカを考えることは、「私たち」を考えることだ。デューイという「集合知」を通して、アメリカ知識人の社会批評をたどる。

目次

導入 ジョン・デューイはどうして宗教哲学者なのか
序論 A Common Faithはなぜそう呼ばれるか―共同性、想像力、歴史
第1部 近代アメリカにおける消費・政治・宗教(近代アメリカにおける大衆消費社会の生成と構造;「リベラリズムは豚を焼くために納屋を焼いてしまった」―リップマンとデューイの先入見論;不安定な覚醒者たちの連帯―憂鬱、科学的方法、レトリック;介入する部外者たちの重なり合う関心―二つの公私概念と公私の境界設定をめぐって)
第2部 信仰と想像力の哲学(創造的想像力と自然化されたロマン主義―心理学から宗教学へ;消費者に自己超越は可能か―ブーアスティン、デューイ、ニーバー;画一性のディストピアを超えるための二つの戦略―A Common Faithを読むエーリッヒ・フロム;民主主義へのジェファーソン的「信仰」―政治的疎外、自然権、楽観性)
知を欲望する、地図を手にする、庭を耕す―図書館と現場を行き来する哲学

著者等紹介

谷川嘉浩[タニガワヨシヒロ]
1990年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。京都市立芸術大学美術学部デザイン科特任講師ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。