書物としての新約聖書

個数:

書物としての新約聖書

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月01日 09時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 706,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326101139
  • NDC分類 193.5
  • Cコード C3016

内容説明

新約聖書をめぐる基本的な問いに答える。成り立ち、言語、写本、翻訳を詳細に解説した画期的な入門書。

目次

第1章 正典化の歴史(カノーン(正典)と「新約」
旧約聖書という矛盾
「異端」から正典がはじまった! ほか)
第2章 新約聖書の言語―新約聖書のすべての文書がギリシャ語で書かれているという事実は何を意味するか(後一世紀のパレスチナの言語;パレスチナにおける帝国支配の言語;地中海世界の言語状況 ほか)
第3章 新約聖書の写本(写本の種類;正文批判について;ギリシャ語テクストの印刷公刊本 ほか)
第4章 新約聖書の翻訳(どの翻訳を用いるのがよいか;聖書翻訳の社会的機構;古代ラテン語訳 ほか)

出版社内容情報

本書は新約聖書の外面的成り立ちを問題にする。二世紀から五世紀にかけての正典化の歴史を第一章で扱い,ウF,新約聖書の言語の問題,写本と正文批判,翻訳史を概観する。