検証!藤山税務訴訟判決―税理士実務からのアプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 209p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784324085523
  • NDC分類 345.19
  • Cコード C3033

目次

所得税関係(受贈したゴルフ会員権の名義書換料の譲渡取得費算入―右山事件;売買取引か補足金付交換契約か―岸事件 ほか)
法人税関係(擬似DES―日本スリーエス事件;貸倒損失の判定と社会通念基準―興銀事件 ほか)
相続税・贈与税関係(小規模宅地評価の特例とやむを得ない事情―高野事件;相続後の認知判決と更正の請求期間の起算日―武藤事件 ほか)
国税通則法関係(国税通則法65条5項の「調査」の意義―金子事件;いわゆる松尾税理士事件/税理士作成の虚偽申告書と重加算税―千野事件 ほか)
その他(固定資産税4事件;東京都銀行税事件 ほか)

著者等紹介

渡辺充[ワタナベミツル]
明治学院大学法学部教授(平成20年4月~法学部長)。昭和32年小樽市生まれ。中央大学、成蹊大学大学院(博士後期)、税理士登録後、日本税務研究センター、小樽女子短大、東北文化学園大学を経て、現職。専門は租税法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。