21世紀の女性政策と男女共同参画社会基本法 (改訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784324066980
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C3036

内容説明

男女共同参画社会基本法が一九九九年六月に成立したのを受け、各章で基本法制定後の進展を盛り込んだ改訂版。

目次

第1章 女性政策とは何か(女性政策をどうとらえるか;女性政策をめぐる動き―国連・国・自治体;なぜ、男女共同参画社会基本法が必要なのか;男女共同参画社会基本法制定上の経緯と主な論点)
第2章 これからの女性政策のあり方(国における女性政策の振興;自治体の女性政策;女性センターのプログラム;NGOの可能性と課題)

著者等紹介

大沢真理[オオサワマリ]
1953年生まれ。東京大学大学院修了。経済学博士。東京都立大学経済学部助教授などを経て、98年より東京大学社会科学研究所教授。この間、ベルリン自由大学などの客員教授も務める。男女共同参画会議影響調査専門調査会会長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。