子どものための環境学習―総合的な学習の時間や現代的課題へのアプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 121p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784324063507
  • NDC分類 519
  • Cコード C0037

内容説明

本書は、家庭、学校、地域社会という場において行われる学習活動と幼児期から高齢者までという対象を生涯学習という観点からとらえ、広く教育関係者が環境学習への理解を深めてもらうことや有効な実践活動を展開してもらうことを期待して、環境問題に関する情報と全国で取り組まれている実践事例等を中心に構成した。

目次

1 環境学習の意義(環境問題とは;環境学習のねらいと内容 ほか)
2 環境学習の実際(環境問題と生涯学習;学校教育と環境学習 ほか)
3 実践例にみる環境学習(環境学習のプログラム;いろいろな実践例 ほか)
巻末資料(キーワード1「地域」;キーワード2「大気」 ほか)

著者紹介

結城光夫[ユウキミツオ]
文部科学省生涯学習政策局社会教育官。国立教育政策研究所社会教育実践研究センター長。1948年北海道札幌市生。国立那須甲子少年自然の家事業課長、国立中央青年の家事業課長、国立教育会館社会教育研修所教務研修課長、文部省生涯学習局青少年教育課専門員、同生涯学習局社会教育官を経て現職

伊原浩昭[イハラヒロアキ]
千葉市教育センター指導主事。1960年千葉市生。千葉市立みつわ台中学校教諭、千葉市立花園中学校教諭、千葉県教育委員会生涯学習部社会教育課主任主事、千葉県教育委員会生涯学習部生涯学習振興課副主査を経て現職