自治体の公共政策入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 307p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784324061688
  • NDC分類 318
  • Cコード C0033

内容説明

本書では、行政経営の視点を踏まえつつ政策学の知識を自治体現場に置きかえ、自治体職員に役立つような政策形成の理論や方法、技術を説くことに力点を置いた。同時に、それを担う人材がどうすれば育つのか、国の公務員制度を模倣するのではなく、自治体独自の公務員制度や運用方法はないのかという点について大胆な提言を試みた。

目次

第1章 地方分権とは何か
第2章 地方分権の改革
第3章 分権時代の政策官庁
第4章 公共政策の理論
第5章 公共政策の展開
第6章 自治体の責任と統制
第7章 人材経営の発想
第8章 人事の活性化戦略
第9章 人材育成の戦略
第10章 政策研究の実践
第11章 政策ディベートの意義
第12章 政策ディベートの実践

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

がっち

5
地方分権についてから、公共政策について、政策作りと述べる。内容は本当に平易な内容であるが、政策づくり、自治体の仕組みがわかりやすくかいてある。やはり専門家という人間がいないということも書かれていた。C2011/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1800262

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。