刑事尋問技術

刑事尋問技術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 243,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784324060629
  • NDC分類 327.62
  • Cコード C2032

内容説明

刑事訴訟における尋問技術の基本書!裁判官・検察官・弁護士、三者の立場から刑事尋問のノウハウを詳説。

目次

第1章 総論(刑事訴訟における証人尋問の重要性;証人尋問の実施状況 ほか)
第2章 尋問技術一般(事前準備の重要性―弁護人の立場から;事前準備の重要性―検察官の立場から ほか)
第3章 尋問技術各論(自白の任意性を争う尋問;伝聞例外の適用をめぐる尋問 ほか)
第4章 交互尋問(交互尋問の設例;交互尋問及びその解説)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぴろし

0
蔵書印ぽち。 改訂版が出ちゃってるんだな。。。2015/01/27

ogappy

0
これって刑事手続法の実務ですよね、真面目な本なんだけれども、ミステリー感覚で読みました。2014/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2638756

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。