情報公開法―その理念と構造

情報公開法―その理念と構造

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 261p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784324058145
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C3032

内容説明

「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」、すなわち情報公開法が、必ずしも平坦ではない長い道のりを経て、このほどようやく成立するに至った。本書は、政府と市民との関係を今後大きく変えていくこととなるに違いないこの立法につき、その理念と構造を、七人の専門研究者の協力によって明らかにしようとするものである。

目次

第1章 情報公開法の目指すもの
第2章 情報公開法の成り立ち
第3章 情報公開法の仕組み
第4章 地方自治体の情報公開―近時の都道府県条例の比較検討
第5章 情報公開法と開かれた社会

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたみち

0
ある調べもののために読みました。情報公開の理念は今も生きているのでしょうか?2012/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1023642

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。