怪談5分間の恐怖<br> 怪談5分間の恐怖 ひとり増えてる…

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

怪談5分間の恐怖
怪談5分間の恐怖 ひとり増えてる…

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月19日 09時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784323081168
  • NDC分類 K147
  • Cコード C8393

内容説明

全国各地の怪談ライブで、心に響く「実話怪談」の語りを続けている著者が贈る怪談短編集。

著者等紹介

中村まさみ[ナカムラマサミ]
北海道岩見沢市生まれ。生まれてすぐに東京、沖縄へと移住後、母の体調不良により小学生の時に再び故郷・北海道に戻る。18歳の頃から数年間、ディスコでの職業DJを務め、その後20年近く車の専門誌でライターを務める。自ら体験した実話怪談を語るという分野の先駆的存在として、現在、怪談師・ファンキー中村の名前で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とろこ

59
図書館児童書コーナーから。この巻は、「怖い」よりも「切ない」「物悲しい」お話が多かった。「トヨの塚」「てるちゃん」「夢幻夜話」。この3話は「切ない」系。また、怖くはないけれど、不思議な物語もあった。「アワビ」がそれ。不可思議ではあるけれど、あたたかな気持ちになれたのは、「日本に帰りたがる車」と「おいなりさんとの再会」。一話一話が短いし、基本的には児童向けなので、怖さ指数も低め。「凄く怖い話は苦手だけれど、不思議な話は読んでみたい」というタイプの人にはちょうどいいいかもしれない。2021/02/08

igaiga

26
こういう実話テイストの怪談は実はそれほど怖くないのです。っていうか、こういう事きっとあるよねーと思うので。でも、2つ3つ怖い話はありました(^^;) 「長い髪」「峠の出来事」などはイヤだなぁー。「ベランダの彼」とかいい話じゃないっ。2018/03/11

かおりんご

25
児童書。図書室で発見。思ったより怖かった、、、これ、子供向けじゃない気がする。1話1話が短いので、朝の読書タイムにぴったりだけど。2018/11/01

7a

8
図書館の児童向けコーナーに置いてあり、ルビも振ってあるけど対象は子供じゃない。現実に即した怪談というか、ビジネスが絡む話も結構あるし。しかし著者はとにかくいろんな仕事をしてきている。一体何者??シリーズもので暇つぶしに読める短さが良いかな。「あの桜で…」の女の豹変と、「アワビ」のデカイのがとにかく怖かった。2019/05/31

まみか(再登録)

6
とりあえず、猫にまつわる悲しい話にぶつかってので、もうページが進まず、断念。2018/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12340788
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。