いとしの毛玉ちゃん

個数:
  • ポイントキャンペーン

いとしの毛玉ちゃん

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 18時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784323073637
  • Cコード C8793

出版社内容情報

年老いたネコたちと、貧しいけれど、心優しいおばあさん。室井滋と長谷川義史が初めてイラストを共同制作、心に響く絵本!
ぼくは毛玉だらけのネコ。ある晩、ぼくとミーコは家を出た。町はずれで古い家を見つけ、その家のおばあさんと暮らし始める。優しいおばあさんの役に立とうと、ぼくらは毛玉ショーに挑戦。思いやりの気持ちが心に響く絵本。

室井 滋[ムロイ シゲル]
富山県生まれ。女優。早稲田大学在学中に「風の歌を聴け」(1981年)でスクリーンデビュー。数々の映画賞受賞のほか、2012年に日本喜劇人協会喜劇人大賞特別賞、2015年松尾芸能賞優秀賞を受賞。1991年マガジンハウスより『むかつくぜ!』を発刊以来、著書多数。2011年に『しげちゃん』(金の星社)で絵本原作デビューし、同年より絵本ライブを全国で開催。ほかに、『ウリオ』『キラキラ は・は・歯』(世界文化社)、『チンチンボンボさん』(絵本館)、『しげちゃんと じりつさん』(金の星社)がある。また、ディズニー映画「ファインディング・ニモ」「ファインディング・ドリー」日本語版のドリーの吹き替えや、「FMとやま」で昔ばなしの読み聞かせも行っている。

長谷川 義史[ハセガワ ヨシフミ]
1961年、大阪府生まれ。グラフィックデザイナーを経て、イラストレーターへ。現在は、絵本や児童書を中心に活躍。『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で第34回講談社出版文化賞絵本賞、『かあちゃんかいじゅう』(ひかりのくに)で第14回けんぶち絵本の里大賞、『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で日本絵本賞と第57回小学館児童出版文化賞を受賞。『ぽんぽんポコポコ』(金の星社)、『おへそのあな』(BL出版)、『うえへまいりまぁす』(PHP研究所)、「いいからいいから」シリーズ(絵本館)、『たこやきのたこさぶろう』「パンやのろくちゃん」シリーズ(小学館)、『へいわってすてきだね』(ブロンズ新社)などの作品がある。

むろい しげる[ムロイ シゲル]

内容説明

室井滋と長谷川義史、初のイラスト共同制作!ユーモラスなネコたちとおばあさんの心あたたまるおはなし。

著者等紹介

室井滋[ムロイシゲル]
富山県生まれ。女優。早稲田大学在学中に「風の歌を聴け」(1981年)でスクリーンデビュー。数々の映画賞受賞のほか、2012年に日本喜劇人協会喜劇人大賞特別賞、2015年松尾芸能賞優秀賞を受賞

長谷川義史[ハセガワヨシフミ]
1961年、大阪府生まれ。グラフィックデザイナーを経て、イラストレーターへ。現在は、絵本や児童書を中心に活躍。『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で第34回講談社出版文化賞絵本賞、『かあちゃんかいじゅう』(ひかりのくに)で第14回けんぶち絵本の里大賞、『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で日本絵本賞と第57回小学館児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆのん

51
ブラジャーするネコ!不思議な事にあまり違和感を感じない…。面白い話かと思ったが心がホッコリするお話でした。室井滋さんにこんな才能があるなんて知らなかった。142019/01/15

ふじ

24
読み聞かせライブの予習に。室井滋さんが絵まで書いた絵本。だからいつもの長谷川さんテイストとはかなり違う。シンプルだけど絵に奥行きがある。物語は2匹の老猫の話で、かなり猫好きなんだなーという印象でした。2019/01/17

ちゆりさん

16
立ち読み。なのに泣いた(T^T)私は一緒に暮らしている動物が歳をとっても、ずっと大切にするよ。だからどこにも行かないでね。2016/12/29

ヒラP@ehon.gohon

14
不思議な室井流絵本です。まったり2017/04/05

遠い日

13
年寄りネコには年寄りネコのいいところがたくさんあるのだ。人の気持ちもちゃんと読める。毛玉は毛玉なりの活躍の方法があるのだ。長谷川義史さんとむろいしげるさんが共に絵を描いたようですが、不思議に楽しい味わいの絵になっています。2017/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11240389

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。