ハナミズキのみち

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハナミズキのみち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月20日 12時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 31cm
  • 商品コード 9784323072586
  • NDC分類 E
  • Cコード C8093

出版社内容情報

ぼくの育った美しい海の町。でもその海にぼくは命を奪われた。お母さん、もう泣かないで、みんなの命を守る道にハナミズキを植えて…。東日本大震災で息子を亡くした母の体験を元に書かれた、復興を願い命を見つめる絵本。

内容説明

わすれない3.11。いのちの道をつなげたい。東日本大震災の津波でわが子を亡くした母の切なる思いが一冊の絵本に。

著者等紹介

黒井健[クロイケン]
新潟市生まれ。新潟大学教育学部美術科卒。出版社に入社。絵本の編集に携わった後に退社、フリーのイラストレーターとなる。以降、絵本・童話のイラストレーションの仕事を中心に活動。2003年に山梨県清里に、自作絵本原画を常設する「黒井健絵本ハウス」を設立する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

90
あのとき……。大好きな町の風景。家族と過ごした砂浜、七夕祭り、花火大会、友だちと一緒の学校からの帰り道。突然の暗転。言葉がなく暗い画面が続きます。やがて、雲の合間から光が注ぎ、淡いうすもも色の花に託されたやさしい言葉が紡がれます。〈津波が来たとき、みんなが安全なところへ逃げる目じるしにハナミズキのみちをつくってね。いのちをまもるハナミズキを、いっぱいいっぱいうえてね〉。東日本大震災で息子さんを亡くした淺沼ミキ子さんが2年をかけ言葉を紡いで完成した絵本。絵を手がけたのは黒井健氏です。2013年5月初版。2015/03/08

アクビちゃん

56
【図書館】東日本大震災で、息子を失い、どうしても会いたくて、会いたくて、泣いてばかりいた日々。そんなある日、息子さんの声が聞こえ「そうだ、わたしには後世につたえていく大きな役割があるんだ」と、ハナミズキを植える著者。泣いている日々から抜け出せ本当に良かった❢ 息子さんも安心したと思います。 2019/03/08

七色一味

55
読破。透明で柔らかな絵が、震災の時の、言葉に出来ない様々な思いを優しく包み、読み手に届ける作品。絵本だからと思わず、全年齢男性女性中性反女性反男性すべての人に、読んで欲しい。2014/04/02

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

45
ジブリのに似てるなぁ~( ̄~ ̄;)2018/07/19

かおりんご

43
読み聞かせ(182) じっくり読みました。3月11日に読む方が、ぐっとくるかも?絵だけでは、分からない部分もあったので、写真も合わせて提示することで、理解が深まったようです。2014/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6830562

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。