まんが日本の文学<br> 走れメロス 女生徒

まんが日本の文学
走れメロス 女生徒

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 158p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784323072210
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

内容説明

自分の身代わりとなった親友を救うため、約束の日を目指して王のもとへ走りつづけるメロス。人を信用できない王の心を、変えることが出来るのだろうか?(「女生徒」も収録)。

著者等紹介

太宰治[ダザイオサム]
1909~1948。青森県生まれ。本名は津島修治。中学校時代から作家を目指し、小説を書く。代表的長編に「人間失格」「斜陽」などがある。「人間失格」の完成1ヶ月後、玉川上水に身を投げて自殺(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぉんだんしょこら

0
『走れメロス』は内容が分かってたのに、最後のシーンで感動してしまった…。漫画で読むとまた一味違って良い。『女生徒』で描かれたあのモヤモヤした感覚は、自分にも覚えがあるなぁ…。思春期特有の、言い表せないあの感じ。ちょっと懐かしさを覚える作品だった。2014/09/13

juni

0
走れメロスは文章で読んでもマンガで読んでも、わかりやすいいい話。こういう友達っていいよなぁ。女生徒は初読み。なかなかっむずかしい。『私』はちょっとドリーマーなのかな??2012/08/28

0
何度見てもメロスの序盤の行動にイライラするのだが…。「女生徒」は初読。少し分かりにくかったのでもう一度読み直したい。2011/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2423682

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。