完全版 はだしのゲン〈2〉

個数:

完全版 はだしのゲン〈2〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年04月24日 18時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 405p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784323064321
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0379

内容説明

雑誌連載時の扉ページやアオリ文を掲載した完全版。

著者等紹介

中沢啓治[ナカザワケイジ]
1939年、広島県に生まれる。45年、国民学校1年生のときに被爆し、日本画家の父、姉、弟を失う。その後上京し、63年に漫画家としてデビュー。66年に母親を原爆症で亡くしたのをきっかけに、戦争やみずからの原爆体験を題材にした作品を手がけ始める。68年に原爆を題材としたはじめてのマンガ「黒い雨にうたれて」を発表。73年より「週刊少年ジャンプ」に「はだしのゲン」の連載を開始。2002年、谷本清平和賞受賞。2012年、肺がんのため死去。享年73(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツキノ

7
「被爆者の胸たぎる怒りを 叫びを 証人のペンが堂どうと描く 絶賛の中沢節!!」という惹句に当時の週刊少年ジャンプ編集者の熱さを感じる。心が荒みきると、人はここまで意地が悪く、残酷になるのか。自己防衛のために仕方がないことなのか。ゲンのたくましさが胸を打つ。2020/03/06

n

2
表紙に進次がいるのでなんでかなと思ったら驚きの展開。一巻では被曝のグロテスクさに圧倒的に心をえぐられるが、二巻では〈ピカドン〉を忌避する人々のいじめ、これにメンタルをやられる……こういうのが地味にかなりキツい。あとはもう壮絶な絵描きの顛末。これを読んでしまうとどんな怪物もモンスターもゾンビも、どうでもいいものに思えてしまう。それらは結局、人間のことだ。2024/02/02

泣いた赤鬼

1
初見。死にたい。つらい。ただ生きてるだけなのに、つらい。本当に死にたくなってくる。なんでおれは、こんなにつらい目に遭っているんだろう。ボクが何したってんだ。マジメに本を読んでいるのに、それを邪魔される。つらい。死にたい。なんでボクが、こんな目に? ……鬱。鬱だ。死にたい。つらい。この世は、生き地獄だ。つらい。つらい。つらい2023/12/15

泣いた赤鬼

0
再読。流し読み。図書館に本を返すので、もう一度読むことにした。「はだしのゲン」を読むモチベがなくなってきた。全6巻を最後まで読みたかったのだが……2023/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14894353
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。