漫画家たちの戦争<br> 漫画家たちの戦争『出征と疎開そして戦後』

個数:

漫画家たちの戦争
漫画家たちの戦争『出征と疎開そして戦後』

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 17時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 343p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784323064093
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

漫画家たちの戦争?期3巻『出征と疎開そして戦後』

1.『ドラえもん』より白ゆりのような女の子  藤子・F・不二雄
2.ゴッドファーザーの息子  手?治虫
3.火垂るの墓  滝田ゆう/原作・野坂昭如
4.『この世界の片隅に』より19年5月/19年6月/19年7月  こうの史代
5.ああ七島灘に眠る友よ! 疎開船「対馬丸」の悲劇
 木内千鶴子/原作・石野径一郎
6.?そこも戦場だったー夕映えの丘に  佐藤まさあき
7.『人間交差点』より消えた国  弘兼憲史/原作・矢島正雄
8.『味いちもんめ』より若竹煮  倉田よしみ/原作・あべ善太
9.『テツぼん』より汽車ぽっぽ  永松 潔/原作・高橋遠州
10.『垣根の魔女』より御身大事に・・・・  村野守美

中野 晴信[ナカノ ハルノブ]

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

74
「漫画家たちの戦争」シリーズ。この巻には、「ドラえもん」「人間交差点」「味いちもんめ」といった連載作品から戦争の記憶が描かれたものが多くある。また、手塚治虫や佐藤まさあきのように自身の体験によって描かれたものもある。戦争の傷跡は消えることはないのだ。永松潔「テツぼん」では、「汽車ぽっぽ」の歌が、戦時中、戦場へ兵隊さんを送る歌が元歌であることを知る。元歌と今の歌の歌詞を比べてみると、まさに戦争と平和である。その他、滝田ゆうの描く「火垂るの墓」や、こうの史代「この世界の片隅に」といった秀作も収録されている。2022/02/10

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

48
対馬丸の沈没、疎開先でのいじめや、中国残留孤児などについて。印象に残ったのは対馬丸の悲劇で、子供達の疎開を決断した校長先生が、悔やんで精神に異常をきたした事などは涙が滲みました。その時はそれがベストな判断だっただろう。戦争がなければ平和に暮らしていただろう人々。戦争さえなければ・・。これから同じ過ちをしてはいけないと来月終戦日を迎えるにあたり、読めて良かったです。2018/07/29

読特

45
「銃後の守り」を描いた作品群。「ドラえもん」「火垂るの墓」「この世界の片隅に」「味いちもんめ」…ビッグタイトルが並ぶ。...●沖縄からの疎開船。危険を避けるための避難が悲劇を招く。●疎開先で育まれた友情。励まされた友の戦後の悲しい選択。●特攻隊の息子がしたためた手紙。黒塗りにされた文字が明らかになったときの母の思い。...戦場で戦うつらさ、空襲にあうつらさ、そして、愛する人の身を案じながら待つつらさ。勝っていればそのつらさは報われていただろうか?今も戦闘を繰り返す戦勝国。日本もその一員だっただろうか?2023/01/30

アーちゃん

31
図書館本。クラフト・エヴィング商會の装丁によるシリーズ第Ⅱ期、第三巻。手塚治虫さんとこうの史代さんは所蔵、村野守美さんと弘兼憲史・矢島正雄さんが再読。最終巻のこの本は戦争としての集大成となっているようで、比較的新しい作品が多かったです。原作を読み、アニメを観た「火垂るの墓」は滝田ゆうさんの絵でもやっぱり辛かった。また「汽車ぽっぽ」の元々の歌詞をしって驚きました。こちらで終わりとなるため、総括するとどれでも良いから、機会があれば一読をお薦めしたい良質なシリーズ本だったと思います。2019/03/07

どあら

29
図書館で借りて読了。戦争での酷いお話ばかり…読んでて胸が締め付けられます(-_-)2020/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11629531
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。