漫画家たちの戦争<br> 漫画家たちの戦争―引き揚げの悲劇

個数:

漫画家たちの戦争
漫画家たちの戦争―引き揚げの悲劇

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月13日 12時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 350p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784323064086
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

漫画家たちの戦争?期2巻『引き揚げの悲劇』

1.フイチン再見!  村上もとか
2.家路 1945?2003  ちばてつや
3.幻の子どもたち  石坂 啓
4.赤いリュックサック  巴 里夫
5.『人間交差点』より海峡  弘兼憲史/原作・矢島正雄
6.『凍りの掌 シベリア抑留記』より出征  おざわゆき
7.『二世部隊物語 最前線』より流血の丘  望月三起也

中野 晴信[ナカノ ハルノブ]

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

83
「漫画家たちの戦争」シリーズ。戦争中、日本以外の土地で暮らしていた日本人が戦争と敗戦によっていかに苦しんだかを描いた漫画が収録されている。体験にもとづいた内容は本当に悲しい。上田トシコの生涯を村上もとかが描いた「フイチン再見」や父のシベリア抑留経験をおざわゆきが描いた「凍りの手」は、長編作品の一部掲載のため、全部読みたくなってくる。2022/02/12

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

55
漫画家には戦争による引き揚げ体験された方が多数いました。シリーズ2冊目は引き揚げの悲劇について。原爆をテーマにしたものは多いが、引き揚げについて書かれたものはあまりみたことがありません。終戦後の引き揚げ時に暴行、略奪、病気や飢えなどで、原爆以上に被害で亡くなった方が多いのは知らなかくて衝撃を受けました。しかもその半数以上が、子供や老人が被害を受けている事実。残留孤児についても詳しく知り得ました。追体験をするのは大切だと感じます。2018/07/28

読特

40
”外地”で迎えた終戦。ソ連は停戦に応じない。加えて現地人が略奪に来る。武装解除。抵抗する術はない。引き揚げは過酷を極める。襲いくる暴徒。灼熱の昼。凍てつく夜。病。倒れた者は捨て行くしかない。子どもを残して発つ親。自決を決める集団。子供を先に逝かせて自分は死に切れぬ母。地獄を見る。…二度と戦争を起こさぬと決めた日本。しかし、その思いは世界に及ばない。朝鮮、中東、アフガン、カンボジア、ソマリア、ルワンダ…。日本の戦後に起きた戦争は数知れない。ウクライナにミャンマー。今も地球のどこかで同じ悲劇が繰り返されている2023/01/22

たまきら

36
マンガ、という日本的なメディアで語られる「戦争」シリーズのひとつです。国家戦略がうむ悲喜劇に、庶民はどのように対応したかがつづられています。文化も環境も異なる外国で翻弄される人生。誰を恨めばいいのか自問するコマに、解決も程遠い傷の深さを感じました。2019/02/26

アーちゃん

29
図書館本。巴里夫さんは再読、おざわゆきさんは積読本で持っており、後でまとめて読みたいためにあえて飛ばしました。大陸から引き揚げる一般市民を扱った作品が多かったためか、全体的にこの巻が一番辛かったです。望月三起也さんの「流血の丘」のみ戦闘ものなのでやや異質に感じたけれど、内容は良かったと思います。クラフト・エヴィング商會の装丁が豪華なシリーズ第Ⅱ期、第二巻。2019/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11680120
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。