ばーちゃる

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

ばーちゃる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 14時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784323063386
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

充希は放課後、データ入力をしてこづかいかせぎをしている。母が会社から持ちかえってきた機械「シップ」に、二年前に亡くなった祖母の日記や写真をデータ化して入力するのだ。ある日、母がシップのボタンをおすと、リアルな祖母の立体映像があらわれた。それを見た父は「ばあちゃん」じゃなくて、「ばーちゃる」だという。ばーちゃるは、しだいに人間の感情を理解し、家族の一員になっていくのだが…。5・6年生から。

著者等紹介

次良丸忍[ジロマルシノブ]
1963年、岐阜県生まれ。名城大学法学部卒業。『銀色の日々』(小峰書店)で第14回新美南吉児童文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

バニラ風味

19
ぼくのおかあさんの務めている会社では、新型投影機スーパーイメージプロジェクター、未来の新しい遺影の開発をしている。その試作品として、家では、その機械に亡くなったおばあちゃんの写真などを情報を打ち込んでモニターしている。ぼくは、その打ち込みアルバイトをしているんだけれど、ある日、バーチャルおばあちゃんの「ばーちゃる」がしゃべりだした。ばあちゃるは、心を持ち、会話できるロボットになりつつある。こんな未来が本当に来そうで、人間とロボットの共存について、考えさせられた。2022/07/22

スイ

13
面白かった! 亡くなったおばあちゃんのデータを基にしたAI、というと亡くして悲しむ家族がAIとの交流で立ち直り、旅立ちを受け入れるハートフルな物語、というのが王道だと思うが、今作はそちらには進まない。 物語を楽しみながらも、AIと人との距離を考えさせられた。 ラストシーンが鮮やか。 AIだから厳密にはおばあちゃんではないのだけど、でも皆を癒す“マジカルグランマ”じゃなかったのも良かったなー!2022/06/17

timeturner

6
近未来を舞台にした児童文学。最近多い「AIは心を持てるか」問題とも関連している。いくら本物そっくりに創れたとしても、失った人の代わりにはならないよなあ。むしろ、そっくりだからこそ余計に喪失の大きさを感じて哀しみが新たになるだけなんじゃないだろうか。2023/04/09

芦屋和音

3
小学生の充希の家に、亡くなった祖母の日記や写真のデータを取り込んで立体映像となる「ばーちゃる」がやってくるが……。ばーちゃるの試作機は母が会社から持ち帰ったもの。母がさりげなくバリキャリなのが良い。祖母の思い出を取り込むほど、ばーちゃるが祖母になるわけではなく所詮機械であることを自覚してゆく様はいろいろと考えさせられる。近い未来のお話。2022/11/17

のりり

3
児童書。亡くなった祖母の日記や写真のデータを入力するとリアルな祖母の姿を立体映像として映し出すことができるAIとその家族の話。最初は機械的な喋り方だったけれど、データを増やしていくとどんどん本物の祖母らしくなっていき、家族の一員となるが、自我を持ち自分の存在意義を考えるようになる。自分で考える頭脳を持ったAIの存在について考える時代がきている。小・中学生にオススメ。2022/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19788556
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。