エドウィナからの手紙

個数:

エドウィナからの手紙

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784323063195
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

出版社内容情報

エドウィナはある日、市長に一通の手紙を書いた。それは市の問題を訴えるもので、同姓同名のおばをよそおって書いたものだった。ところが、市長のある思わくから、事態は予想外の展開に…。   小学校高学年~
【2004年夏 第50回青少年読書感想文全国コンクール 中学校の部 課題図書】

内容説明

ある日、エドウィナが市長あてに書いた一通の手紙―手紙をきっかけに、街がよくなればとの思いからだったが、市長にはある思わくがあって、事態は予想外の展開に…。サスペンス&サクセス!?ストーリー。小学校高学年から。

著者等紹介

ボナーズ,スーザン[ボナーズ,スーザン][Bonners,Susan]
児童文学作家、画家。アメリカ・シカゴ生まれ。『エドウィナからの手紙』以外の作品に“The Silver Balloon(クリストファー賞受賞)”などがある

もきかずこ[モキカズコ]
1949年広島生まれ。慶応義塾大学文学部卒。日本国際児童図書評議会会員

ナカムラユキ[ナカムラユキ]
1965年福岡生まれ。英語専門学校卒業後、証券会社勤務を経て、1987年、キャラクターコンペティション入賞を機に1988年よりフリーのイラストレーターに。広告、雑誌、挿絵のイラストレーションを中心に活躍する
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

VACABOND@ Vitamin❣(^^)v

80
おばさんのフルネームは、「エドウィナ・オズグッド」 名前を「オブグッド」と変えたくなる様な、人です。読むと必ずそう思う筈(笑)   手紙を書いたエドウィナは、大大あばさん(曾おじいさんの妹)、主人公の女の子は、同じ名前を貰いました。家族や友達から「エディ」と呼ばれています(笑) エディは、おばさんから大いに期待されていました。一通の手紙から始まる市民運動的な話でした。次から次に展開していきワクワクハラハラ出来ました(^_^)/~まるでサスペンス小説(笑)2015/05/24

☆よいこ

30
おばあちゃんが老人ホームに入ることになり、家を片付けていたら昔の手紙の写しがでてきた。どうやらおばあちゃんは若いころ、市長や町の権力者に要望の手紙を送り、町をよくするために活動をしていたようだ。公園のブランコが壊れたまま放置されていることに心を痛めたエドウィナは自分も市長に手紙を書くことにした。子供だと相手にされないと思い、おばあちゃんの名前を借りて手紙をかくと、市長はすぐに改善を行ってくれた。エドウィナは調子に乗って要望の手紙を次々と送る。▽小学校中学年向き。子供向け読み物。最後の記者会見はバク笑か。2018/07/06

moe

7
いかにもアメリカらしい明るい話。お金持ちの大大おばさんと同じ名前のエドウィナが、その名前を利用して市長さんへ嘆願書を書いて町を次々に変えていきます。良いことをしているのだけれど、やり方が公正でないことに悩むエドウィナ。女の子たちに楽しんでもらえそうです。2011/03/10

なな

5
だれかが声をあげていかなければ、なにも変わらない2014/07/22

ゆにす

5
子どもが市長を手紙で動かすというそのストーリーの柱はいいのですが、それだけにもっとユーモア溢れて面白く書けなかったのかなぁ・・・と思うところもあります。ロジャーとの関係とかもっと深く書けなかったのかな・・・。2011/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/76261

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。