なぜ?どうして?子どもと大人の疑問に答える新型コロナウイルスハンドブック

個数:

なぜ?どうして?子どもと大人の疑問に答える新型コロナウイルスハンドブック

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月17日 00時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 64p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784323053608
  • NDC分類 K493
  • Cコード C8047

内容説明

小さすぎて目に見えない新型コロナウイルスから、どうやって自分の身を守ればいいの?自分の身も、まわりの人も守れるように正しい知識を身につけて、この危機を乗りこえよう!

目次

第1章 正しく知ろう新型コロナウイルス(2020年、新型コロナウイルス大流行;新型コロナウイルスって、どんなやつ?;新型コロナウイルスに感染すると、どうなるの? ほか)
第2章 感染予防と感染したときの対処(こまめに手をあらおう;口・鼻はマスク、目はメガネで守ろう;「集まらない」ようにする―学校の休校、海外のロックダウン ほか)
第3章 感染症を知ろう(さまざまな感染症を知ろう;人類の脅威となった感染症;パンデミックが起こったら―医療機関に負担をかけない)

著者等紹介

岡田晴恵[オカダハルエ]
医学博士。専門は感染症学、公衆衛生学、ワクチン学。アレクサンダー・フォン・フンボルト財団奨励研究員として、ドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所客員研究員、厚生労働省国立感染症研究所研究員、日本経団連21世紀政策研究所シニア・アソシエイトなどを経て、白鴎大学教育学部教授。感染症についての解説書のほか、絵本や小説、ドラマの脚本などの執筆もおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

22
昨年から生活が一変してしまって、次第にコロナ疲れに陥っているのは、大人も子どもも同様です。 状況が次第に重苦しくなっているときに、新型コロナウィルスへの対策知識は必須事項でしょう。 既に知っている知識ばかりかも知れませんが、知らなかったでは済まされないことも事実でしょう。 チェックすることも必要かと思っているときに出合った本です。 怖がるだけではなく、より積極的に生活するためにお薦めの一冊です。2021/05/03

あんこ

3
図書館の新刊の棚にあったから借りてみた。岡田晴恵先生による、新型コロナウイルスに関する解説書。このコロナ禍は、子供たちの生活にも大きく影響してるから、子供にもわかるように書いてあるのはいいと思う。2020年10月時点での情報だから、ワクチンなど今では状況が変わっていることもあるけど、もし自分や家族が感染したらどうするかなど、すごく参考になった。2021/02/17

nerozou666

1
新型コロナウイルス感染症について総合的に知ることができる児童書。「ウイルスってなに?」という基本的なことから段階を踏んで説明してくれるのでとてもわかりやすい。さらに感染予防や感染してしまった場合の具体的な対処法についても詳しく掲載されていて非常に実用的。2020年10月時点の情報までが扱われているようです。児童書というものは大人から子どもまで誰にでもわかるようにわかりやすく書かれています。しかも本書は児童書で有名な金の星社さんから出版されているので信頼度がとても高い。一家に一冊是非欲しいですね。2021/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17067168

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。