里山は未来の風景<br> 里山は未来の風景 里山の田んぼ

個数:

里山は未来の風景
里山は未来の風景 里山の田んぼ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月16日 23時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 40p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784323051260
  • NDC分類 K616
  • Cコード C8340

目次

里山って何だろう?
田んぼの一年
田んぼとは、どんなもの?
里山と田んぼのかかわり
春の田んぼ
夏の田んぼ
秋の田んぼ
冬の田んぼ
イネがごはんになるまで

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

モリー

42
「人と生き物がともにある土地」=「里山」は、近年になって、生き物たちが住みにくい環境になっているそうです。作物を効率よく収穫するために農薬を使ったり、機械の力を借りて、必要なとき以外は、田に水を入れないようになったからです。私が子供の頃は田んぼや、ため池付近でよく遊びました。この本で、カワニナやアメリカザリガニ、タガメ等に再会し懐かしい思い出に浸りました。里山はドショウやイナゴなど米以外の食糧を収穫する大切な環境でもある事を同時に思い出させてもらいました。里山を未来の風景にするために何か出来るだろうか。2019/06/15

たくさん

0
知識の絵本なのだろうけれど、写真がとてもきれい。光の量が違うし開け方や角度が秀逸。田んぼの作物を作るというところよりも、自然の果たす役割や、生きもの植物の共存といった里というところまで広げているのもおもしろかった。 2019/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13598554

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。