大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本<br> もぐらのほったふかい井戸

個数:

大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本
もぐらのほったふかい井戸

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月16日 23時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 32p/高さ 32cm
  • 商品コード 9784323048031
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

「もぐらのほったふかい井戸」はふかいふかい井戸くらいふかいふかいお話です。大人が読むと、もっともっとふかいかもしれません。

著者等紹介

安房直子[アワナオコ]
1943年、東京生まれ。日本女子大学国文科卒業。『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞、『風と木の歌』で小学館文学賞、『遠い野ばらの村』で野間児童文芸賞、『山の童話 風のローラースケート』で新美南吉児童文学賞、『花豆の煮えるまで 小夜の物語』でひろすけ童話賞など数多くの賞を受けた。1993年逝去

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこ うたの絵本1』で同グラフィック賞受賞。2015年パリとボローニャで絵本原画展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のり

17
いもとようこさんの可愛い絵だが、絵本というには難しい内容か。もぐらのモグ吉は、拾った銀貨で土地を買い、そこに井戸を掘る。作者が伝えたい事はなんだろう。欲をかいてはいけないのか、欲で大切な物が見えなくなってしまったか…。2021/01/04

マツユキ

15
いもとようこさんによる安房直子さんの絵本シリーズ。 賢いもぐらの子が、手に入れたお金でやった事は…。 一生懸命頑張って、手に入れたけど、見えなくなっていたもの。切ないですね。深い。2020/03/05

遠い日

14
たったひとりで掘り、完成させただいじな井戸。当初の思いとはかけ離れた存在になってしまったことを、自分都合で理屈を通してしまうもぐら。どんなに人にもある、成長と変化だが、柔軟性を失ったもぐらの思考が破滅を招く。私利私欲に負けて、やっと悟ったことは死の瞬間。悲しく、それでも、やっと気持ちがほろほろとほどけた時の軽さが救い。2020/02/27

おはなし会 芽ぶっく 

11
賢く優しいもぐらの子。仲間のために一人ぼっちで、深く深く穴を掘り続けたのに、孤独がもぐらを変えてしまったのか、欲が絡むと良くないことになります。ねずみに気づかせてもらった時には遅かった。長い長い年月をかけ、深く深く掘った井戸、いったいなんのために掘ったのでしょうか?悲しい結末ですが、もぐらは届かなかった空へあがっていけたんですね。2020/02/15

2時ママ

2
次女 小3 ひとり読み。2019/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14919314

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。