だれも知らない時間

個数:

だれも知らない時間

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 18時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/高さ 31cm
  • 商品コード 9784323048017
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

没後も多くの作品が刊行されている人気作家安房直子の独特の世界をいもとようこがふたたび彩る、美しく悲しい時間の物語。

著者等紹介

安房直子[アワナオコ]
1943年、東京生まれ。日本女子大学国文科卒業。『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞、『風と木の歌』で小学館文学賞、『遠い野ばらの村』で野間児童文芸賞、『山の童話 風のローラースケート』で新美南吉児童文学賞、『花豆の煮えるまで 小夜の物語』でひろすけ童話賞など数多くの賞を受けた。1993年逝去。独特の世界観は高く評価され、没後も多くの作品が刊行されつづけている

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞。2015年パリとボローニャで絵本原画展を開催。赤ちゃん向けから名作まで作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

モリー

73
安房直子さんの紡ぎ出す切なくも温かいファンタジー。時計の針が真夜中の12時を指すと「だれも知らない時間」が始まります。もし、自分のしている事を誰にも気づかれない時間を与えられたら私は何をするだろうか。ところで、この物語の種は「トムは真夜中の庭で」から拾ったのでしょうか。それはさておき、“時間”とは不思議なものです。生きる時間の長短では測れない命の価値と“生きるに値する時間”は同値なのではないでしょうか。そんなことを考えさせられました。いもとようこさんの絵は目には見えない心の温かさや悲しみを色で表します。2021/07/10

はる

70
安房さんの作品の中でも幻想的なクライマックスの場面が強く印象に残っている、好きな作品。今回いもとようこさんが絵本化。いもとさんと言えば動物のキャラクターの絵のイメージが強すぎて…幻想的で物哀しい安房さんの作風に合わないと思ったが、意外といい雰囲気。作品に対するいもとさんの愛情が感じられて嬉しい。2019/10/31

☆よいこ

70
物語絵本。31×23.5cm大きい絵本。安房直子ファンタジー。200年を生きたカメは残りの100年をどう生きるか飽き飽きしていた。ある日出会った貧しい漁師の良太に、夜中の12時から1時間だけ誰にも知られない余分の時間をくれてやることにした。時間をもらった良太は太鼓を買い、夏祭りに一番になるために毎晩練習をすることにした。ある夜、人知れず太鼓の練習をしていた良太のもとに、同じくカメから時間をもらったさち子が現れる。良太はカメの夢に閉じ込められたさち子を救いたいと願う。▽すてきなお話。読み聞かせには長いかな。2019/10/18

ちえ

39
ポプラ社文庫の「きつねの窓」の中でも印象的だったお話。いもとさんは可愛い動物の絵のイメージなので(どうかな?)と思いましたが、グレーの濃淡が幻想的で読むうちに安房直子さんの世界に引き込まれました。最後のページの絵、新しい始まりと希望を感じてとても好きです。2019/11/19

ヒラP@ehon.gohon

38
誰にも知られず自由にできる時間があったら、自分は何をするでしょう。 でも、その貴重な時間は、誰かの時間を費やしているのだとしたら、どう考えれば良いのでしょう。 この物語は、あまりにも長い命に飽きてきた亀の優しさによって作られています。 人に自分の時間を提供することで、亀も混沌としてよどんできた自分を解放したのでしょう。 ハッピーエンドと言うには、意味深い若者と少女の現実的な再会に、この上ない重さを感じました。2020/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14438890

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。