大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本<br> きつねとぶどう

個数:

大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本
きつねとぶどう

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月21日 05時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 31p
  • 商品コード 9784323038902
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

著者等紹介

坪田譲治[ツボタジョウジ]
1890年岡山県生まれ。1908年早稲田大学文科予科に入学、童話作家・小川未明に出会い、強く影響を受ける。1926年短編小説「正太の馬」を発表。翌年には同名の短編集を出版する。雑誌「赤い鳥」に投稿を続け、1935年、雑誌「改造」に「お化けの世界」を、翌年、朝日新聞夕刊に「風の中の子供」を発表していずれも好評を博した。1939年新潮文芸賞、1955年芸術院賞を受賞。1963年芸術院会員。また同年「びわの実学校」を創刊・主宰し、後進の育成に尽くした。1982年逝去

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこ うたの絵本1』で同グラフィック賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶち

104
いもとようこさんのやさしい絵がとても好きです。 『大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本』シリーズのキツネもリスも可愛らしくて、シリーズのどの絵本で見かけても、それだけで胸がキュンとしちゃいます。 子に対する親の無償で深い愛が淡々と書かれていて、それだけに一層と胸にせまってきます。そして、大きくなった子狐が母親の愛情に気づくシーンは、切なくても何故か嬉しく感じます。 私も、大きくなってから初めて母の愛の大きさに気づきました。2019/12/26

Kawai Hideki

83
てっきり、イソップ童話の「酸っぱいぶどう」の話かと思って読んでみたら、ぜんぜん違う話でびっくりした。お腹がすいた子狐のために、母狐がぶどうを採りに行くお話。はるばる遠くの山までかけて行く母狐と、あまりの不安と空腹で泣き出してしまう子狐。お互いの声が聞こえるところまで帰ってきたのに、猟師の犬が現れたために母狐は「逃げなさい!」と叫ぶのが精一杯。子狐はその声に驚いて逃げられるのだが、親子は離ればなれに。やがて、大きくなった子狐が昔の巣穴の近くに立ち寄った時、あるものを見つける・・・。切なく、暖かいお話。2016/09/25

しゅわ

31
【図書館】いもとようこさんの「大人になっても忘れたくない名作絵本」シリーズ…身の危険を顧みず子ぎつねの為に走る母ぎつねの愛と、母ぎつねを愛し慕い探し求める子ぎつねの姿を描いた、切ないけどこころあたたまる一冊です。むかしは子ぎつねの気持ちで読んでいた物語ですが、自分も母になって読むと、また違った感慨がありますね。時を経て、母の気持ちが伝わったシーンでは何度読んでも胸が詰まります。いもとさんの描くきつね達は本当に優しくて、この物語にピッタリ。2014/04/09

めしいらず

29
優しさの種は、どんなに時間がかかっても、いつかは必ず花咲く。愛をそれと知らずに受け、悲しみを知り、もらった愛に気づいたとき、やっと心から感謝できる。母の、あまりに優しい子供への眼差しが印象的。2013/02/03

のえる

24
子どもの頃いもとようこさんのイラストが好きだったな~と思いながら図書館で展示されていた本書を借りた。 暖かくて感動的なストーリー。お母さんギツネのたっぷりの愛情が感じられる。 母親への感謝の気持ちを胸に抱いて行きたい、とは思いつつ面と向かうと素直になれない自分がいる。。 この絵本は「大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本」シリーズとのこと、他の作品も気になる。 オススメ絵本。ぶどうのお話だから特に秋に良いかも🍁🍇2020/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/451278

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。