賢者のおくりもの

個数:

賢者のおくりもの

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年05月21日 05時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 29cm
  • 商品コード 9784323036236
  • NDC分類 E
  • Cコード C8397

出版社内容情報

●永遠の名作をあなたに――●
「おくりものをやりとりする 人びとの中で、このふたりのような人こそ 最高の賢者」
クリスマスにぜひ読みたい オー・ヘンリーの傑作

クリスマス前日、貧しい夫婦は互いに大切なものを売り、愛する人への贈り物を手に入れます。冬に読みたい傑作を美しい絵で贈ります。

『さいごの一葉』と並ぶ、オー・ヘンリー不朽の名作です。“相手を思う最高のおくりものをする2人のような人こそが賢者”という原作者らしいメッセージ性の強い物語に、いもとようこの柔らかなタッチの絵が加わることで、よりあたたかな絵本に仕上がっています。

著者等紹介

オー・ヘンリー[オーヘンリー] [O.Henry]
1862年アメリカ・ノースカロライナ州生まれ。薬剤師、銀行員など職を転々としたのち、記者として働きながら作品を発表。数百にのぼる短編小説でアメリカを代表する作家となった。1910年没

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

86
クリスマスギフトのようなきれいな装丁。解説が不要なほど有名なオー・ヘンリーの代表作ですが、小さな子ども向けに作られた本なのかなと思います。文章も易しくアレンジされていますね。大人の読者には賛否あるかもしれませんが、いもとようこさんの絵のイメージには合っていると思います。2014年11月初版。2015/09/20

mocha

85
Oヘンリー誕生日読書会☆むかし英語の教科書で読んだのが、このお話との初めての出会いだったと思う。SEIKOのスペシャルCMも印象深い。いもとようこさん版は、ほっこり可愛らしい絵が貧しさ切なさも和らげて、本そのものがおくりものの佇まい。2018/09/11

NEWS23キャスター・寺(本名・小川彩佳)

59
夫は櫛を、妻は鎖を…でお馴染みO・ヘンリーの名作を、名作『かぜのでんわ』『くまのこうちょうせんせい』いもとようこが絵本に。私がこの話を知ったのは小学生の時、学習雑誌の付録に付いていた漫画でだ。思えばその時「不幸なのに幸福」という状況がある事をこの話に初めて教わったのだ。今回この絵本を読んで、髪を売った妻が、短い髪をカールしながら「嫌われたらどうしよう…」と悩む姿、そして櫛を貰った時に「私の髪ってすぐ伸びるのよ!」という台詞にやられた。何て可愛い妻だろう。誰かの為に何かしたい。是即ち愛なり。2015/11/16

いろ

18
【母だけ再読:初読は2016.12】小5朝読読み聞かせで使用。男女の愛情絡みのお話でもあるせいか(笑),思春期入口の少年少女たちは,しっかり聴いてくれた。読む前に数分だけしたブックトークでも飽きて,机下に逃げて遊んでいた男児たちも,いつの間にか聴き入っていた^^ 名作の力☆ いもとようこさん絵だけど,独特の可愛らしさは控えめで素敵な絵。最後のコメントは,キリスト生誕のお話を知らないと分かりづらいので,次回は読後,生誕物語絡みのブックトークもしたらいいかな~と思った。2017/12/20

ケニオミ

16
解説の必要のないくらい有名なお話ですね。クリスマスの季節に読むのがベスト・タイミングのように思います。相手のことを考えプレゼントを贈る。それが皮肉な結末を迎えたとしても、相手のことを考えて送る行為が大事なので、このお話が心を打つのでしょうね。2014/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9019852

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。