• ポイントキャンペーン

おうしのアダムがおこりだすと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(頁/高さ 22X27cm
  • 商品コード 9784323030210
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

出版社内容情報

むかしむかしのイースターの日、大きなお牛のアダムが、突然おこってあばれ出しました。村中の人びとが集まる中、アダムをおとなしくさせたのは、小さな男の子のカッレでした…。リンドグレーンの約50年前の作品です。   

内容説明

むかしむかしのイースターの日、大きなおうしのアダムがとつぜんおこってあばれだしました。だれもこわくてちかよれません。すると、小さな男の子がやってきて…。スウェーデンの人気作家リンドグレーンのやさしさあふれるゆかいなお話。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mntmt

17
おうしが怒って暴れているのに、のどかな雰囲気なのです。スウェーデンの絵本。1950刊。2015/11/12

ツキノ

15
(E-283-509)【イースター】かのリンドグレーンの作品。スウェーデンのスモーランドのことばで小さな男の子が怒った雄牛に話しかける。いいおはなし。2020/12/05

たまきら

14
やさしい牡牛アダムがおこりだして手がつけられなくなりこまっていると、小さな小さな救世主が現れて…というほっこりなお話。「たまちゃんは女の子の牛が好きだから」とオタマさんは感想を拒否。ふ~ん。2016/06/01

がる 

13
スウェーデン発。 静かなイースターの日におきたこの事件に、わらわらと集まってくる近所の人達が何だかおもしろい。 日頃どれだけ平和な村なのかが伺えます。 本当にそれだけのことだけで怒ってたのかな、とも思うけど、おとなしくなって良かった♪ テーンクヴィストの絵がすごく好き。2013/03/20

花林糖

12
(図書館本)イースターの日の突然の出来事。テーンクヴィストの絵が素晴らしく、見開きの白樺の木々が印象的。2015/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/462542

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。