ときめき文学館<br> ハートボイス―いつか翔べる日

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

ときめき文学館
ハートボイス―いつか翔べる日

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月16日 22時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784323025223
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

小学校1年生のとき、不登校になってしまったぼく。でもぼくのまわりには、もっと深いなやみを抱えている人たちがいた。いじめ、差別、受験……。教育カウンセラーの著者がおくる、ホントの子どものハートボイス。   小学校高学年~

内容説明

ずっと、ずっと、ハートボイスを送っていた…。小学校一年生のとき、不登校になってしまったぼく。でもぼくのまわりには、もっと深いやみを、心にかかえている人たちがいた。いじめになやむ弘子、差別に苦しむ金、受験のために、自分を失いかけている岡崎。ぼくには、みんなの心の声が聞こえてきていた…。教育カウンセラーの著者がおくる、いじめ、差別…さまざまな問題を乗りこえて成長していく少年の愛・友情・感動の物語。小学校5・6年生から。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

10
大人って!もう!(`Д´) と、自分も大人なのに、主人公すみおくんを中心に登場する子どもたちに同調してました。子どもの心に寄り添わない大人には、子どもたちは敏感です。子どもたちの中にある人間関係がこじれた時(いじめなど)、対処するよりどう寄り添うか、子どもは自分で自立していくものですが、助言は必要ですね。2019/08/22

緑茶

5
周囲に心を閉ざしてしまった純生が出会った友達やいい先生と関わっていく中で再生していくお話。 昨日のハッピーバースデーに続き青木和雄先生の本を2回連続。この本は初読でした。前作同様に、いじめ、障害、親との関わり方など青木先生のような現場で働いてるから書けるんだなと思いました。ハードルも確か近所の図書館にあったから読んでみようかな💭2020/01/12

ようこ

2
うーーん、出来過ぎているというか出てくる子どもたちが理屈っぽくて聞き分けがよくてなんだか窮屈な話だった。筆者の伝えたいメッセージは理解できるのだが、差別発言をした子が主人公側の子に殴られると殴ったほうは悪くない、というような印象を受けた。筋が通ってれば相手に暴力で立ち向かっていいのか?と。2011/03/16

はち

1
人として基本的な大切なことが書いてある。 大人になると自分の価値観を変えることがとても難しいけど母親と藤井先生は変われた。それは子ども達の行動に心を動かされ見本になる大人がいたから。視点が変わり視野が広がり意識も変わったから、けどもちろんそうならない人もいる。 人との繋がりは自分の世界を良くも悪くも変えることができる。 心の声を聞く努力を大人になった今忘れがちになってるけどきちんと向き合わないといけない。 小学生の考えて行動する力がまぶしい。2020/11/24

すみっちょ

1
大人がいじめをするんだから子どもの世界でいじめがなくならないはずですよね。主人公達はよく考え行動できるようになったと思います。改心できない子はそのまま大人になるのかな。いつか自分が同じ目に遭って初めて気付くのか、一生気付かないままなのか…それにしても主人公のお母さん、手紙を隠してるのはいくら何でも罪深すぎます。これで親子関係がよく崩れなかったなと感心しました。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/42889

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。