たったひとりのともだち

個数:

たったひとりのともだち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 17時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 24X25cm
  • 商品コード 9784323024509
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

カラスは毎日、ある病院の一室にいる、たったひとりの友だちを訪ねます。目も見えず病気も重い友だちは、カラスから話を聞くのを楽しみにしていました。ところが友だちは危篤に…。そこへ天使の羽が舞い降りてきます。

内容説明

たったひとりのともだちはたったひとりのともだちのために。いもとようこが描く一羽のからすと少年の美しい物語。

著者等紹介

原田えいせい[ハラダエイセイ]
1972年静岡県生まれ。大学卒業後、単身渡米。世界13か国の友人たちとの出会いから「人はどう生きるか」を学ぶ。帰国後、その独自の人生哲学“マユツバの幸福論”をメールマガジン・月刊「心のサプリ」で配信。現在は仕事で海外を飛びまわる2児のパパ

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わむう

19
ひとりぼっちのカラスにできた初めての友達は目が見えず重い病気を患う少年。毎日欠かさず会いに行き外の様子を訪ねる男の子に優しく鳴き声で教えてあげる。日に日に弱って行く男の子の最後の願いは天使が迎えに来てくれること。それを知ったカラスは自分の羽を毟り男の子の元へ届ける。両方にとってお互いがかけがえのない友達であり天使のような存在だったんだろうな。2017/11/25

がる 

12
カラスを嫌われ者にしたのは誰だろう。 カラスだって天使になれるのに。2014/03/18

みぇい

9
カラスと少年の悲しいけど、優しく温かいお話。 2018/11/04

Natsumi Toshimori

7
目の見えない少年。カラスの黒い羽を握りしめて天使の羽だ!と叫んだところでは涙が溢れました。まだまだ学校にいったりともだちと遊んだりやりたいことがいっぱいあったんだろうにと思ったら本当に悲しくなりました。2013/11/30

syu

5
これは感動できるお話でした。少年が天国に召されていく姿は綺麗な描写だと思いました。いもとさんの描く人間って初めてみたかも。2013/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7809898

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。