アビゲイルの求婚者

アビゲイルの求婚者

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 177p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784323021560
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

出版社内容情報

アビゲイルおばさんのところに、突然、昔の恋人マルコムが訪ねてきました。おばさんは彼のプロポーズを受け入れたけれど、心はまだゆれている様子。2人の結婚がうまくいくかが、セーラたち次第になり……。   小学校高学年

内容説明

アビゲイルおばさんのところに、とつぜん男の人がたずねてきた。その人は、おばさんのむかしの恋人だったマルコム・マクエワン。彼は、おばさんにあらためてプロポーズ、おばさんもそれを受け入れるが、心の中は、まだゆらいでいる。この結婚がうまくいくかどうかが、セーラとフェリシティー、ふたりの少女の肩にかかってきた…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かの子

1
もうこの2人、何でつきあってたの!?と言いたくなる。アビゲイルとマルコムと真逆過ぎる。こりゃ厳格な父じゃなくてもツッコミたい。2020/10/26

朱音

1
アビゲイルおばさんという人はこれより前の本には出てこなかったはずだけど…いきなり主役(?)になっている。これってもともとこういうつもりだったのか、作者が書いてるうちにこうなってしまったのか。2002/09/02

こうふく母

0
赤毛のアンの舞台アボンリーで生きていくことになったセーラのシリーズ本。7年もの歳月を経て、財産を築き、求婚に来た恋人に感じる不安。ウェディングブルーと言うべき状態や夫婦のすれ違いみたいなものが描かれています。セーラたちの行動によって訪れる結末にほっこりします。2021/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/123809

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。