プリンス・エドワード島へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784323021515
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

出版社内容情報

夢見がちな12歳の少女セーラは、実業家の父が横領事件に巻きこまれたために、亡き母の故郷プリンス・エドワード島にあずけられることに。初めて訪れる、この美しい島で、彼女の新しい生活が始まります。   小学校高学年~

内容説明

セーラ・スタンリーは、想像力ゆたかな十二歳の少女。幼いころに母をなくし、実業家の父と乳母の手でだいじに育てられていた。しかし、父が横領事件にまきこまれたため、生活は一変。プリンス・エドワード島の母方のおばにあずけられることに…。都会をはなれ、生まれて初めて訪れる母の美しい故郷で、セーラの新しい生活がはじまる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるき

8
大好きだったテレビドラマのノベライズ。赤毛のアンの世界観を広げた贅沢な作りにうっとり。夢見がちで愛情深くて生意気なセーラ。懐かしいなぁ。2014/04/08

朱音

2
「アボンリーへの道」の第一巻。なんかちょっと馬鹿にして(子ども向きかなと思って)読んだことが無かったんだけど、読んでみると結構はまっちゃいますね、これ。なまじっか読んでないだけ「赤毛のアン」よりはまるかも。またいいところで話が終るっていうか、一冊の分量がちょこっと読むのにちょうどよくって。2002/08/01

なにも

1
小学生の頃に読破したシリーズ。児童書のお手本みたいな作品。セーラの夢見勝ちな感じ、好きだったなぁ。でも第一巻の見所は何といっても復讐劇でしょう。セーラの家族に幸あれ!二巻以降、どんな展開なのかまったく覚えていないから、読むのが楽しみ。「ママ、わたし、ここが好きよ」って台詞がとても綺麗。2018/07/23

Miki Nozaki

0
原作はモンゴメリでもモンゴメリの書いた文章ではないので、あまり期待していなかったのですが、期待以上に面白く読めました。モンゴメリの世界観がよく出ていて、「ストーリーガール」の登場人物を理解しやすくなりました。シリーズ全巻読んでみたいと思っています。2021/04/12

こうふく母

0
主人公セーラが父に訪れた災難により、母方親戚のいるプリンス・エドワード島にやってきて、自分の居場所みたいなものを感じるところで終わっています。子供の感性や遊ぶ世界はアンと同じ感覚で書かれていて、続編も読むぞって気になります。2021/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/75704

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。