清算・決済から知る日本国債―市場における清算機関の役割

個数:

清算・決済から知る日本国債―市場における清算機関の役割

  • ウェブストアに73冊在庫がございます。(2024年05月23日 02時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 210p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784322141597
  • NDC分類 347.21
  • Cコード C2033

出版社内容情報

清算機関は巨大な国債市場と日々どのように向き合っているのか?
日本国債の取引・清算・決済ルールを解明した唯一無二の1冊!
◆金融市場における中核的なインフラである清算機関のオペレーションやシステムを紹介。
◆清算業務の要である、清算参加者の破綻時の対応、証拠金実務、ストレステスト手法等を詳説。
◆日本国債の売買に加え、レポ取引、デリバティブ取引等を網羅。入門書としても最適!

【主要目次】
第1部 日本国債の概要
・第1章 国債と財政
・第2章 日銀の金融政策
第2部 国債の流通市場
・第3章 国債流通市場の歩み――金融機関による国債フルディーリング開始からRTGS決済の開始まで
・第4章 国債売買・レポ取引
・第5章 デリバティブの基礎
・第6章 国債先物・国債先物オプション
第3部 清算機関
・第7章 日本証券クリアリング機構の概要
・第8章 日本における国債の清算機関の歩み
・第9章 国際規制
第4部 清算業務
・第10章 国債清算業務の仕組み
・第11章 国債清算機関のシステム
・第12章 国債決済期間T+1化対応
・第13章 銘柄後決めレポ取引の仕組み
・第14章 レポ市場における銘柄後決め現先取引導入の影響と最近の状況
第5部 リスク管理
・第15章 国債清算におけるリスク管理
・第16章 リスク管理におけるテスト

内容説明

金融市場における中核的なインフラであり、リスク管理の要であるクリアリングハウス(中央清算機関)。その役割を網羅し、日本国債、レポ取引を清算業務の切り口から詳説。

目次

第1部 日本国債の概要(国債と財政;日銀の金融政策)
第2部 国債の流通市場(国債流通市場の歩み―金融機関による国債フルディーリング開始からRTGS決済の開始まで;国債売買・レポ取引;デリバティブの基礎;国債先物・国債先物オプション)
第3部 清算機関(日本証券クリアリング機構の概要;日本における国債の清算機関の歩み;国際規制)
第4部 清算業務(国債清算業務の仕組み;国債清算機関のシステム;国債決済期間T+1化対応;銘柄後決めレポ取引の仕組み;レポ市場における銘柄後決め現先取引導入の影響と最近の状況)
第5部 リスク管理(国債清算におけるリスク管理;リスク管理におけるテスト)