印鑑の基礎知識―知らないではすまされない (改訂版)

個数:

印鑑の基礎知識―知らないではすまされない (改訂版)

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2022年08月14日 15時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784322140392
  • NDC分類 320.4
  • Cコード C2032

出版社内容情報

好評を博し版を重ねた同書の改訂版。近年、政府の方針もあって公的書類の脱ハンコが進んだ。しかしながら、日本ではまだ依然として印鑑の法的効力は高い。本書は、最新の状況をふまえ、印鑑・署名・記名押印の法律的な基本的知識をQ&A方式でわかりやすく解説した入門書である。筆者は永年に亘り金融実務について勉強会を開催している弁護士・税理士・司法書士・銀行員のメンバー。対象は、金融機関職員、一般社会人およびこれから社会にでる内定者、学生。

内容説明

好評を博し版を重ねた同書の改訂版!近年、政府の方針から公的書類の脱ハンコが進展。一方、依然として印鑑の法的効力は高い。本書は、最新の状況をふまえ、印鑑・署名・記名押印の法律的な基本的知識をQ&A方式でわかりやすく解説する。金融機関の職員、一般社会人、内定者、学生必読の書!

目次

第1章 印鑑と署名(記名押印)
第2章 印鑑登録制度と実印
第3章 署名(記名押印)する文書
第4章 会社のハンコと署名(記名押印)
第5章 金融取引と印鑑
第6章 印鑑・署名(記名押印)に関する事故
第7章 電子証明書・電子署名
付:行政手続における押印廃止の動向

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

6
図書館にて。地デジ化が東日本大震災と被ったように、電子署名(単なる認印の廃止)とコロナ禍もセットみたくなったのだった▲最高裁判例で、印影あれば本人とみなされる。そして民事訴訟法では印影あれば私文書(この場合は契約書)が成立する、とされる。ここいらが根拠であった▲量的には住民票を取るときの捺印が最も多かった。平成まではハンコが義務の行政手続きは1万5千あった。99.9%が単なる認印で、それは令和に廃止された。義務が残ってるのは100件余り。メインは不動産関係らしい。2022/04/20

takao

1
ふむ2022/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19316523

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。