プライベート・エクイティとESG

個数:

プライベート・エクイティとESG

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月23日 03時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 335p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322140125
  • NDC分類 338.8
  • Cコード C2033

出版社内容情報



日本バイアウト研究所[ニホンバイアウトケンキュウジョ]
編集

内容説明

日本においてESGに関する議論が進展するなかで、プライベート・エクイティ・ファンドの投資活動におけるESG要素の考慮について論じた本邦初の専門書。日本のバイアウト・ファンドの投資先企業におけるESGの推進事例も紹介。また、非上場の中堅・中小企業にもESGへの対応が求められていくなかで、プロフェッショナルへのインタビューおよび座談会を通じて、今後の展望について考察。

目次

第1部 プライベート・エクイティ領域におけるESGの潮流と実務(ESGの潮流とプライベート・エクイティ領域における二つの視点―ジェネラル・パートナーとリミテッド・パートナーとの協働に向けて;海外のプライベート・エクイティ領域におけるESGの潮流―日本でのベストプラクティスの実践のために;バイアウト・ファンドへの投資におけるESG―ゲートキーパーの視点からの考察;中堅・中小企業の事業承継案件におけるESGの視点―社会性と問題解決へのアプローチ方法 ほか)
第2部 バイアウト・ファンドの投資先企業におけるESGの推進事例(投資先企業のサステナビリティ経営を実現するバイアウト・ファンドの取り組み―コスモライフとキューサイの事例;ESG推進による企業の持続可能性と価値向上に向けた取り組み―リフェニックスインターナショナルとマルホンの事例)
第3部 課題と将来展望(補論 日本のバイアウト市場の深化―ESG投資とESG融資の両輪に向けて;日本における非上場の中堅・中小企業のESGへのアプローチ―事業特性を考慮した取り組み;日本のバイアウト・ファンドの投資先企業におけるESG経営の論点―レスポンシブル・エグジットを意識した一体的な取り組みの推進;海外のプライベート・エクイティ・ファンドのESGの取り組みから学ぶ―ゲートキーパーの立場からの日本への示唆 ほか)