銀行のグループ経営―そのビジネスと法規制のすべて

個数:

銀行のグループ経営―そのビジネスと法規制のすべて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 18時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 589p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322128659
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C2033

出版社内容情報

金融持株会社および、傘下の商業銀行、証券会社、ノンバンク、資産運用会社の固有ビジネスと規制・監督の両面から、グループ経営の発展過程、現状、将来を俯瞰した画期の書。執筆陣は、各金融セクターのトップアナリスト・コンサルタントと、金融・ガバナンス分野の専門弁護士。

内容説明

グローバルコングロマリットを巡る国際規制の強化、FinTech時代に向けた国内業務範囲規制の見直し、金融持株会社方式による地銀再編の進展、コーポレートガバナンス改革、国内商業銀行市場の限界…銀行単体から金融グループ経営へ。金融持株会社および傘下の商業銀行、証券会社、ノンバンク、資産運用会社について、各事業の成り立ち・マーケット、法規制、主要銀行系プレーヤーの組織・収益力、将来性を、トップアナリスト/コンサルタントと金融規制/企業統治の専門弁護士がコラボ解説する画期の書。

目次

第1章 銀行を中心とする金融グループの現在、過去、未来
第2章 日本の銀行グループ規制
第3章 銀行グループのコーポレート・ガバナンス
第4章 グローバル金融規制とグループ経営
第5章 銀行
第6章 証券会社
第7章 ノンバンク
第8章 投資運用・助言会社
第9章 (自己勘定)投資・ファンド運営

著者等紹介

野崎浩成[ノザキヒロナリ]
京都文教大学総合社会学部教授。1986年、慶應義塾大学経済学部卒業。1991年、エール大学経営大学院修了。博士(政策研究、千葉商科大学)。シティグループ証券マネジングディレクターなどを経て2015年4月より現職。日経アナリストランキング1位(銀行、11年連続)、インスティテューショナルインベスター誌1位(銀行、10年連続)。2015年、金融審議会専門委員

江平享[エヒラアキラ]
森・濱田松本法律事務所パートナー弁護士、ニューヨーク州弁護士、公認不正検査士。1996年、東京大学法学部卒業。2007年、コロンビア大学ロースクール卒業。2002年、弁護士登録。1996~1998年、日本長期信用銀行。2007~2008年、ロンドンのAllen & Overy。2012年1~12月、金融庁検査局総務課専門検査官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。