バーゼル3流動性規制が変えるリスク管理

個数:

バーゼル3流動性規制が変えるリスク管理

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月18日 19時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784322124293
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C2033

内容説明

2015年から2019年にかけて段階的に実施される流動性規制。ストレス時の預金流出等への対応力強化を目的とする新規制の概要をわかりやすく解説。コーポレートガバナンス、業務監査、IT要件、ALM戦略などの論点を整理。

目次

第1章 流動性リスク管理が必要になった背景
第2章 国内金融機関における流動性リスク管理の変遷
第3章 バーゼル3流動性規制
第4章 流動性規制で求められるIT要件
第5章 流動性規制とコーポレートガバナンス
第6章 流動性規制と業務監査
第7章 バーゼル3その他規制との関連性
第8章 ALM戦略への対応

著者等紹介

浜田陽二[ハマダヨウジ]
1989年4月株式会社日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)入行、融資部門、市場部門、金融法人部門等を歴任し、銀行勘定と特定取引勘定での運用や、資本調達交渉を含めた資産・負債・資本すべてに関する業務を経験。その後銀行設立プロジェクトに参画後、2006年11月にみずほ証券株式会社に入社、財務企画部門にて調達業務や規制対策等を経験。2013年7月よりフリーの金融コンサルタントとして流動性規制セミナー講師や規制対策プロジェクト等に従事した後、2014年2月アビームコンサルティング株式会社入社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。