これからのストレステスト―金融危機に負けないリスク管理

個数:
  • ポイントキャンペーン

これからのストレステスト―金融危機に負けないリスク管理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月13日 22時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 362p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322121193
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C2033

内容説明

「過去」「いま」、そして「あるべき姿」を俯瞰してストレステストに焦点を当てた体系書、ついに登場!主要なリスクのストレステストをすべてカバーし、さらにはすべてのリスク・カテゴリーにまたがる包括的なストレステストまで示した画期的な一冊。

目次

第1部 ストレステスト総論(ストレステストとは;ストレス・シナリオに基づくストレステストの実行;マクロ・ストレステスト)
第2部 各リスク・タイプのストレステスト(信用リスクのストレステスト;市場リスクにおけるストレステスト;市場性信用リスクに関するストレステスト;資金流動性リスクのストレステスト;市場流動性リスクのストレステスト;オペレーショナル・リスクのストレステスト)

著者紹介

大山剛[オオヤマツヨシ]
有限責任監査法人トーマツパートナー。日本銀行にてマクロ経済分析を担当、統括。1994~1997年国際通貨基金政策開発局出向。その後2008年6月まで、日本銀行金融機構局参事役として、日本の不良債権問題の分析や、大手金融機関考査・リスク管理高度化、バーゼル2の国内実施を主導すると同時に、バーゼル委員会傘下の多くの会議のメンバーとして、国際的な議論に参画する。現在は、主要金融機関に対するリスク管理に係るコンサルティング業務に従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)