暮らしの質を測る―経済成長率を超える幸福度指標の提案

個数:
  • ポイントキャンペーン

暮らしの質を測る―経済成長率を超える幸福度指標の提案

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月12日 19時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 153p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322119756
  • NDC分類 331.86
  • Cコード C2033

内容説明

ノーベル経済学賞受賞の2人の経済学者(ジョセフ・E・スティグリッツ、アマティア・セン)とフランス経済学の権威(ジャンポール・フィトゥシ)が中心となってまとめた「幸福度計測の基準」。サルコジ・フランス大統領前文を掲載。

目次

要約 われわれは暮らしの測り方を間違えている―なぜGDPの合計はあわないのか(だれのためにこの報告書がつくられたのか;なぜこの報告書が重要か ほか)
第1章 古典的なGDPの問題(推計―包括性と包括性を備える可能性の対比;既存の計測の枠組み内で何ができるか)
第2章 暮らしの質(諸概念を用いた暮らしの質の計測;暮らしの質の主観的計測 ほか)
第3章 持続可能な発展と環境(これまでの研究成果;計器盤あるいは一連の指標 ほか)

著者紹介

スティグリッツ,ジョセフ・E.[スティグリッツ,ジョセフE.][Stiglitz,Joseph E.]
アメリカの経済学者。2001年ノーベル経済学賞受賞。2001年~コロンビア大学で教鞭をとる。現在における最も活動的かつ影響力のある経済学者の一人

セン,アマティア[セン,アマティア][Sen,Amartya]
インドの経済学者。1998年アジア初のノーベル経済学賞受賞。2004年~ハーバード大学で教鞭をとる

フィトゥシ,ジャンポール[フィトゥシ,ジャンポール][Fitoussi,Jean‐Paul]
フランスの経済学者。フランス経済研究所会長。フランスで最も著名な経済学者の一人

福島清彦[フクシマキヨヒコ]
1967年一橋大学経済学部卒業。1969年同大学院経済学研究科(修士)卒業。1980年米国ブルッキングス研究所客員研究員。1983年野村総合研究所ワシントン事務所長。1991年野村総合研究所政策研究部長。1994年米国ジョンス・ホプキンス大学客員教授。1999年野村総合研究所ヨーロッパ社長。2004年日中天津大学院客員教授。2005年立教大学経済学部教授。2011年立教大学経済学部特任教授。著書『環境問題を経済から見る―なぜ日本はEUに追いつけないのか』(亜紀書房)で日経BP社から第9回日経Biz Tech賞を受賞(2009年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)