KINZAIバリュー叢書<br> マイナンバー―社会保障・税番号制度 課題と展望

個数:

KINZAIバリュー叢書
マイナンバー―社会保障・税番号制度 課題と展望

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年04月23日 11時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784322119695
  • NDC分類 364.021
  • Cコード C2033

内容説明

番号制度の導入で何がどう変わるのかを、スペシャリストがわかりやすく解説し、番号制度を活用した新しい社会モデルを鳥瞰する。

目次

第1章 社会保障・税番号制度の概要(社会保障・税番号制度(マイナンバー)の概要
意義と理念、スケジュール
番号制度を活用して何ができるようになるのか)
第2章 社会保障・税番号制度に関する検討の経緯(番号をめぐる3つの議論;納税者番号の議論;社会保障番号の議論;国民IDの議論)
第3章 社会保障・税番号の検討課題(総論―残された課題;プライバシー保護対策;番号の民間利用について;税務面での所得把握の向上)
第4章 番号制度を活用してつくる新たな社会(番号制度を活用した新たな税制;税と社会保障の一体改革―給付付き税額控除;記入済み申告制度の導入;e-Taxを活用した自主申告制の導入に向けて;金融所得一体課税の推進;日本版IRA(個人型年金積立金非課税制度)の創設
さまざまな政策税制)
第5章 諸外国の番号制度について(概要;米国;スウェーデン;オランダ;ドイツ;オーストラリア)

著者等紹介

森信茂樹[モリノブシゲキ]
中央大学法科大学院教授、ジャパン・タックス・インスティチュート所長、東京財団上席研究員。政府税制調査会専門家委員会特別委員。1950年広島県生まれ。法学博士。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省。英国駐在大蔵省参事(国際金融情報センターロンドン所長)、証券局調査室長、主税局調査課長、税制第二課長、1997年主税局総務課長、1998年大阪大学法学研究科教授、2003年東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、2005年財務総合政策研究所長、2006年財務省退官、2007年この間東京大学法学部客員教授、コロンビア・ロースクール客員研究員

河本敏夫[カワモトトシオ]
1979年東京都生まれ。2003年早稲田大学政治経済学部卒業後、総務省入省。電気通信事業分野における競争政策立案、日本郵政公社民営化に伴う制度設計等に携わった後、転出。株式会社NTTデータ経営研究所に入社。税・社会保障分野に関する調査研究・政策提言に多数従事。2007年より中央大学森信教授主催『金融税制・番号制度研究会』の事務局を務める。このほか、公共分野と民間分野の連携・協業の観点から、労働市場円滑化、不動産取引活性化、コンテンツビジネス振興、交通系インフラ輸出などの分野で、民間企業における事業戦略、新規事業創出のコンサルティングプロジェクトを多く主導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。