あすにかける―中央銀行の栄光と苦悩

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 414p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322117530
  • NDC分類 338.4
  • Cコード C2033

内容説明

中央銀行の「あるべき姿」とは?さまざまな視点から考察・解明を試みた定評ある「名著」待望の日本語版。

目次

中央銀行業とは何か、なぜ重要なのか
通貨の安定
金融安定
金融のインフラストラクチャー
資産価格
構造、地位、説明責任
欧州:特殊なケース
新興国における中央銀行
経営資源、コスト、効率性
国際協力
リーダーシップ
変革に向けた課題

著者紹介

井上哲也[イノウエテツヤ]
1985年日本銀行入行。92年エール大学経済学部に留学し、経済学修士課程修了。94年福井俊彦副総裁(当時)の秘書官。2000年植田和男審議委員のスタッフ。03年金融市場局企画役として、資本市場の活性化に関与。06年金融市場局の参事役。BISマーケッツ委員会等の国際会議の運営に参画。08年12月野村総合研究所主席研究員。2011年10月より金融ITイノベーション研究部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)