近畿大阪銀行の情報経営―りそなグループの金融サービス業への挑戦

個数:

近畿大阪銀行の情報経営―りそなグループの金融サービス業への挑戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月21日 10時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784322117417
  • NDC分類 338.61
  • Cコード C2033

内容説明

銀行がここまでやる!?近畿大阪銀行・桔梗芳人社長が自ら語る情報経営、問題解決型営業、人材育成の極意。

目次

第1章 「問題解決力のある信金モデル」の発想に至るまで…(“りそなショック”を越えて;細谷会長との出会い;「問題解決力のある信金モデル」は昔からの私の営業スタイル)
第2章 近畿大阪銀行は「金融サービス業」へ転化できる!(「金融サービス業」へ転化するために欠けているもの;情報をどのように集積し、どのように提案活動につなげていくか)
第3章 営業の基本は訪問(担当先を決めて徹底的に訪問しよう(「全先担当制」)
プレミーティングをしよう!
お客様を深く知ろう!)
第4章 関西でオンリーワンの金融サービス業へ(情報リレーション部の設置;情報リレーション活動;ローコストオペレーション;管理会計の高度化に向けた取組み;近畿大阪ブランドの確立)
第5章 銀行内に学校を設立!(近畿大阪フィナンシャルアカデミー(KOFA)の設立
現場力向上に向けた人材育成
人材の多様化戦略
KOFAで育った若手社員の奮戦
メンター制度)

著者紹介

桔梗芳人[キキョウヨシヒト]
1955年2月5日生、東京都出身、78年3月慶應義塾大学商学部卒、同年4月協和銀行(現りそな銀行)入行、ニューヨーク支店主任調査役、新富町支店長、融資第一部、企画部各副部長、大阪営業部営業第二、大阪中央営業部営業第二各部を経て、2003年10月執行役・東京営業推進部長、04年4月常務執行役(東京営業サポート部担当)、05年6月近畿大阪銀行代表取締役副社長、06年6月代表取締役社長、同月りそなホールディングス執行役、10年10月近畿大阪銀行代表取締役社長兼執行役員(サービス改革部・経営企画部・人材強化戦略室担当)兼りそなホールディングス執行役(現職)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)