カウンターパーティーリスクマネジメント―トレーディングとの融合によるリスク管理の収益源化

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 340p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322115659
  • NDC分類 338.1
  • Cコード C2033

内容説明

デリバティブが含む信用リスクの市場価値を計測・管理し、損益計上するCVA手法をわかりやすく解説。デリバティブのカウンターパーティーリスクを冷静・正確に評価し、金融危機後の金融業務と規制の体系を立て直す指針を与える本邦初の書。

目次

デリバティブ取引と信用リスク管理
カウンターパーティーリスク
CVA
CVAの特徴
CPMの役割
CVAの計算方法
リスク軽減手法
クレジットハイブリッド
ISDA/CSAの条件交渉
CDSに関する近年の改革
CVAの会計

著者等紹介

富安弘毅[トミヤスヒロキ]
一橋大学で国際金融、同大学院国際企業戦略研究科で金融工学を専攻。米国UCLAアンダーソンスクールにてMBAを取得。日米の金融機関で18年にわたりリスク管理業務に携わり、現在はモルガン・スタンレー証券株式会社カウンターパーティー・ポートフォリオ・マネジメント部長として、アジア全域のカウンターパーティーリスク管理業務に携わる。リーマンブラザーズ証券の破綻時には、ポジションの再構築、清算等につき、本社と連携してアジアで陣頭指揮をとる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ogappy

0
defaultって所変われば品変わるからね2014/06/03

disktnk

0
日本人による貴重な日本語CVA解説書.2007年の信用危機やリーマンショックを経てさらに脚光を浴びているCVAの必要性と計算,運用法について解説されている.CVA導入に至って,何よりもまず信用リスクを専門で扱うCPM(Credit/Counterparty Portfolio Management)部門が重要であり,そのCPMが担うべき役割についても繰り返し述べられている.CPMや信用リスク管理のインセンティブについての言及もちょいちょいある.2012/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1958780

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。