TMKの理論と実務―特定目的会社による資産の流動化

個数:

TMKの理論と実務―特定目的会社による資産の流動化

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年09月26日 10時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 664p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322114300
  • NDC分類 338.15

内容説明

特定目的会社による資産流動化について、ありとあらゆる実務論点をQ&Aで詳解。根拠法令を掲載、資産流動化計画記載例・解説も所収。実務家必携の書。

目次

第1部 資産流動化と特定目的会社(資産の流動化とは何か;SPVの類型;SPCによる資産の流動化 ほか)
第2部 特定目的会社による資産流動化(総論;設立等;特定出資・特定社員・特定資本金 ほか)
第3部 資産流動化計画の記載例と解説(計画期間に関する事項;優先出資の発行等に関する事項;特定社債(特定短期社債を除く。以下この項において同じ。)の発行等に関する事項 ほか)

著者紹介

渥美博夫[アツミヒロオ]
弁護士。渥美総合法律事務所・外国法共同事業所属。東京大学法学部卒業。ニューヨーク大学比較法学修士(M.C.J.)。主な取扱業務:銀行法務、証券化、ストラクチャード・ファイナンス、国際金融

衞本豊樹[エモトトヨキ]
弁護士。渥美総合法律事務所・外国法共同事業所属。金融法学会、全国倒産処理弁護士ネットワーク所属。早稲田大学法学部卒業。主な取扱業務:証券化、ストラクチャード・ファイナンスの他、企業法務、M&A、訴訟、事業再生、倒産事件、排出権取引等

高木秀文[タカギヒデフミ]
弁護士。渥美総合法律事務所・外国法共同事業所属。法政大学法学部法律学科卒業。主な取扱業務:流動化(特にTMKを利用したものを多数手掛ける。)、銀行法務、金融取引法務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)