TMKの理論と実務―特定目的会社による資産の流動化

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 664p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322114300
  • NDC分類 338.15
  • Cコード C2033

内容説明

特定目的会社による資産流動化について、ありとあらゆる実務論点をQ&Aで詳解。根拠法令を掲載、資産流動化計画記載例・解説も所収。実務家必携の書。

目次

第1部 資産流動化と特定目的会社(資産の流動化とは何か;SPVの類型;SPCによる資産の流動化 ほか)
第2部 特定目的会社による資産流動化(総論;設立等;特定出資・特定社員・特定資本金 ほか)
第3部 資産流動化計画の記載例と解説(計画期間に関する事項;優先出資の発行等に関する事項;特定社債(特定短期社債を除く。以下この項において同じ。)の発行等に関する事項 ほか)

著者等紹介

渥美博夫[アツミヒロオ]
弁護士。渥美総合法律事務所・外国法共同事業所属。東京大学法学部卒業。ニューヨーク大学比較法学修士(M.C.J.)。主な取扱業務:銀行法務、証券化、ストラクチャード・ファイナンス、国際金融

衞本豊樹[エモトトヨキ]
弁護士。渥美総合法律事務所・外国法共同事業所属。金融法学会、全国倒産処理弁護士ネットワーク所属。早稲田大学法学部卒業。主な取扱業務:証券化、ストラクチャード・ファイナンスの他、企業法務、M&A、訴訟、事業再生、倒産事件、排出権取引等

高木秀文[タカギヒデフミ]
弁護士。渥美総合法律事務所・外国法共同事業所属。法政大学法学部法律学科卒業。主な取扱業務:流動化(特にTMKを利用したものを多数手掛ける。)、銀行法務、金融取引法務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mwashidu

0
今更ながらwww2011/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/239272

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。